FC2ブログ

当店書籍を記事でご紹介いただきました

先月出版いたしました、当店の本
「オーストリアワイン、江戸前鮓と会席料理」
についての記事が掲載されました。

・日経スタイル グルメクラブ World Food Watch
 「すしに合う! オーストリアワインはおとなしさが魅力」

https://style.nikkei.com/article/DGXMZO36928140V21C18A0000000?channel=DF080420167226

・カンパネラTOPICS
 「銀座 壮石」、寿司や会席料理とオーストリアワインとの絶妙なマリアージュに乾杯!

https://business.nikkeibp.co.jp/atclcmp/15/010700011/101800054/


その他、酒類飲料日報、帝飲食糧新聞などの業界紙にも取り上げて頂きました。

今後も掲載される記事がございましたら、またご紹介させて頂きます。


鮓&ワインおーじ

テーマ : 今日の出来事 - ジャンル : ニュース

ポルトガルワイン Quinta da Lapaと江戸前鮓、会席料理の会(11/21)のご案内

昨年より夜に定期的にワイン会を開催しております。
11月はポルトガルワインに造詣の深い、別府岳則氏
(カーヴ・ド・リラックス)がナビゲートします。

~ 別府氏より ~
今年もポルトガルのリスボンのワイナリー Quinta de Lapaから、
オーナーのシルヴィア・カナシュ・ダ・コスタさんをお招きしてワイン会を行います。

今注目のポルトガルワインの中でも、まだまだ知られていない
産地であるリスボンにある注目のワイナリーです。
アカデミー・デュ・ヴァンのポルトガルワイン講師でもある
別府の解説もございます。

江戸前鮓、会席料理とオーストリアワインのマリアージュの本を
出版されたばかりの銀座壮石さんですが、当日はポルトガルワイン
との相性について、是非ご体験いただけましたらと思います。

また当日は、シルヴィアさんの旦那さんでもあり、ポルトガルでも
有名なシェフであるアンドレ・マルガリャエンスさんもご来場予定。
ポルトガルから見た和食についても是非お話を頂きましょう。
是非お待ちしております。

日時 11月21日(火) 19:00~
会費 13,000円(税込)
定員 20名様限定
会場 銀座壮石

内容 会席料理と江戸前鮓+Quinta da Lapaのワイン5種(予定)


<ご予約について>
カーヴ・ド・リラックス(03-3595-3697)までお電話、または、
カーヴ・ド・ リラックス店頭にて。
「11/21 のポルトガルワイン会のご予約」の旨をお伝え下さい。
*)Facebookやメールでのご予約はお受けしておりません。ご注意下さい。


カーヴ・ド・リラックスさんのホームページより
http://www.caverelax.com/archives/12474


<ご注意>
※飲酒を伴うイベントですので未成年の方のご参加はご遠慮下さい。
※お支払いは当日、現金のみとなります。
※準備の都合上、11/18以降のキャンセルは会費全額を貰い受けます。

【解説】
別府 岳則
ソムリエ、インポーターなどワインに様々な角度から関わり、
現在は有名ワインショップ「カーヴ・ド・リラックス」にて
販売員兼バイヤーを務めています。ポルトガルワインに造詣が深く、
ポルトガルの魅力を伝えつつ、オーストリアワイン大使として
オーストリアの素晴らしさもお客様にお伝えしています。
ポートワイン騎士団
AWMB認定 オーストリアワイン大使(ゴールド賞)
WSET (The Wine & Spirit Education Trust(英))認定
Level3 Wines and Spirits


生産者が来店する貴重な機会となっております。
ぜひ、お気軽にご参加いただき、生産者の情熱あるワイン解説をお楽しみください。


鮓&ワインおーじ

テーマ : ワイン - ジャンル : グルメ

2018年:オーストリアワインの新酒「ホイリゲ」を提供します

毎年オーストリアでは、11月11日の聖マーティンの日あたりに、
その頃にその年の新酒のワインが解禁されます。

オーストリアは昔から新酒を楽しむ国で、皆さんこの日を待ちわびております。

今年も当店では空輸でホイリゲを2種類ご用意致しました。
本日11月9日(金)よりお出しさせて頂きます。

ぜひ、今年の味わいをお楽しみください。

1) ヴィーニンガー ヴィーナー・ホイリゲ 2018

 ウィーンの伝統的ワインの「ゲミシュター・サッツ」とは混植混醸(一つに畑に
様々なぶどうを植えて、全てを同時に収穫して、一緒に醸造する)ワインのことで、
世界的にも珍しいワイン造りを行っています。ヴィーニンガーは、
「ミスター・ゲミシュター・サッツ」と異名をとるウィーンのトップ生産者で、
ウィーンのワインを復興しようとゲミシュターサッツの素晴らしいワインを醸造し、
再び世界で脚光を浴びるワイン産地にまで押し上げた立役者です。

 現在はビオディナミの生産者で土壌、気候、風土、畑の向き、ブドウなど、
ワインの味わいを構成する要素であるテロワールを表現できるワイン造りを
しています。ホイリゲももちろんビオディナミです。

 柑橘類を中心とした果実味や白い花のような風味、さらに、溌剌とした
高い酸味があります。そして、何よりヴィーニンガーの真骨頂は、
口中に広がる強いミネラル感。新酒とは思えない凝縮感のあるワインです。

ブドウ品種:
ヴァイスブルグンダー:45%、ミュラー・トゥルガウ:20%、ブービエ:20%、
グリューナー・ヴェルトリーナー:8%、ヴェルシュリースリング:7%

ボトル:6,500円、グラス:1,200円(いずれも税別)

2018ホイリゲ(ヴィーニンガー)


2) ツァーヘル ビオ ヴィーナー・ホイリゲ 2018

 みずみずしいミカンやりんご、洋梨のような果実味とスパイシーさがあります。
さらにミネラル感とすっきりした酸に、わずかな残糖もあって、バランスがとても良く、
するすると飲めるワインです。
 ツァーヘルは、ウィーンに1766年にマリア・テレジアによって建てられた小学校が
起源で、18世紀から居を構える名門です。ワイン農家を行いながら自らもホイリゲ
をふるまう居酒屋を3代に渡って営んでいます。多くの良い畑を持ち、新酒以外
にも素晴らしい白ワインを多数造っており、ウィーンを代表するワイナリーの一つです。
ウィーンを代表する銘醸畑「ヌスベルク」のぶどうで作られています。
また、2018年ヴィンテージより厳しいビオの認証「デメター」を取得しました。

ブドウ品種:
シャルドネ、ヴァイサーブルグンダー、グラウワーブルグンダー、
リースリング、グリューナー・ヴェルトリーナー、トラミナー、ノイブルガー

ボトル:5,500円、グラス:1,000円(いずれも税別)

2018ホイリゲ(ツァーヘル)


当店いつもお出ししている「バイ・ザ・グラス」の14種に加えて、
ホイリゲ2種もぜひお楽しみください。

ぜひ、お気軽にグラスワインで和食に寄り添うオーストリアワイン
の良さを実感頂ければと思います。


鮓&ワインおーじ

酉の市

毎年11月の恒例行事「酉の市」に11月1日の一の酉に行ってきました。

「酉の市」は「お酉様」などとも呼ばれ、11月の酉の日に行われる祭礼です。

酉の市の由来は、日本武尊(ヤマトタケルノミコト)が、鷲(おおとり)神社
へ戦いに勝利したお礼参りをしたのが11月の酉の日で、その時、社前の松に
武具の熊手を立て掛けたことから、大酉祭りを行う様になり、熊手を縁起物
とするようになったといわれています。

今は、商売繁盛、家内安全、火の用心、開運などを祈願するお祭りとなって
おり、商売を行っている方は酉の日に参拝し、これから1年の縁起を担いで
商売繁盛を掻っ込む熊手を手に入れます。

今年も酉の市で新しいものへと買い換えるべく、一同で築地の波除稲荷神社へ
参拝しました。

20181101torinoichi-001.jpg

本殿を参拝後、この一年、当店を見守ってくれた熊手を納め、その後、
新しいものを皆で真剣に選びました。

20181101torinoichi-002.jpg


今年選んだのはこちら。

20181101torinoichi-003.jpg
新しい熊手を持つ店長の紅林


今年これまでとはまったく異なるデザインの熊手にしました。

新しい熊手に代わって心機一転、これからの1年はこの熊手と共に、
お客様に美味しい料理と酒を通じて福がもたらされるように、
店一同、ますます頑張っていきたいと思います。

ご来店の折には、ぜひご覧頂き、福を持ち帰って頂ければと思います。


鮓&ワインおーじ

テーマ : 今日の出来事 - ジャンル : ニュース

定休日のお知らせ:本日(11月3日)

毎度ご来店誠にありがとうございます。

本日(11月3日)は土曜日でございますが、
文化の日で祝日のため、当店は定休日となります。
来週月曜日より通常営業をさせていただきます。
何卒よろしくお願いいたします。

店主敬白

テーマ : 今日の出来事 - ジャンル : ニュース