明日は二十四節気の芒種(ぼうしゅ)です。
種まきの季節であり、また、梅雨を呼ぶ季節でもあります。

この季節に一番おいしくなる魚といえば、鮎(あゆ)です。
和歌山産の品を、丁寧に塩で焼いております。
旬のこの季節だけの逸品でございます。

170606Ayu-001.jpg

焼きたての鮎の塩焼きに、
オーストリアのグリューナー・ヴェルトリーナーの白ワイン、
もしくは、「ゆきの美人」や「本荘」などの純米酒と合わせる
と格別です。

ぜひ、ご賞味くださいませ。


焼き鮎に箸を短く使ひけり 山田六甲
口元のきりりと鮎の焼かれけり 宮原みさを
あゆでーす。 浜崎あゆみ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)