冬のなごり

本日は啓蟄(けいちつ)、
冬ごもりの虫が顔を出す頃、
春の季語でもございます。

新潟から仕入れたあん肝に、
丹誠を込めて仕事をいたしました。
濃厚な甘みで、
去りゆく冬の旬をご堪能いただけます。
ankimo_20170305.jpg

啓蟄の銀座・赤坂土を見ず  松崎鉄之介
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)