こんなの初めて!

3月に解禁されたも、そろそろ禁漁にはいります。
この時期の鮎は子持ち、雌鮎のお腹には、卵がたっぷりです。

壮石では、そんな子持ち鮎を、かるく炙ってから、じっくりと
煮付けていきます。甘ダレのこってりとした味になります。

鮎は、香魚ともいわれ、食べるのは岩苔、他の川魚のように
虫は食べないのもあって、川魚特有の臭いではなく、爽やかな
香りを持っています。そんな、鮎の香りをそのままに楽しむ
ことができます。お酒がすすむ味、たまりません。

次にいらした折には、「鮎ないの?」と聞いてみてください。
是非一度、お試しください。

ーー
私は、友釣りをする叔父が近所にいたおかげで、子供の頃から
富士川の鮎を毎晩のように食べ、四万十、長良川、鬼怒川、
狩野川、天竜、の鮎を食べ歩きましたが、これまでは塩焼きが
一番と思ってました。
でも、この壮石の煮鮎を、人生で初めていただき、感動しました。
お勧めです。

(用心棒 おぐ)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)