残暑にリースリング

きびしい残暑が毎日続いております。

暑いと飲み物はスッキリしたものが欲しくなり、自然とビールを選ぶことが
多くなるかと思います。

こんな時に壮石で一時の涼を楽しんで頂くには、ビールで喉を潤して頂き、
料理、鮓とともに白ワインを合わせるというのは面白いかと思います。

今回お勧めしたい白ワインは
「ヒードラー リースリング シュタインハウス 2007」
です。

ヒードラー1


こちらのワインはオーストリアのウィーンから北西に50kmほど移動した
ところに広がる銘醸地「カンプタール」で作られています。
ドナウ川に向かって南北に流れているカンプ川の名前が土地名の由来と
なっています。

このワインを作る「ルートヴィック・ヒードラー」はこの銘醸地でとても
有名な生産者です。

ヒードラー氏はブドウの育つ畑の特性を重要視し、化学肥料や殺虫剤、
除草剤等を一切使わない自然農法に徹しています。

また、醸造でも人為的なことは行わず自然な醸造法ということで自発的
発酵にしています。

つまりブドウからワインまで自然の流れに任せる姿勢を貫いています。

飲んで頂くとよくわかるのですが、ワインの味わいにもその自然さが
感じられます。

辛口ながら優しい味わいで、デリケートなハーブのニュアンスが感じられ、
完熟した果実味とシャキッとしたミネラル感が爽快に感じます。

この味わいはブドウが育つ「シュタインハウス」の畑の土壌が影響して
います。シュタインハウスは片麻岩と角閃石に覆われており、ミネラル
やスパイシーさがワインに反映されているといわれています。


少し低めの温度で冷やして頂き、ミネラルの爽快感とリースリングの
果実味を魚介、特にエビやカニ料理と合わせて楽しんで頂くと最高
と思います。

壮石の名物料理である「毛蟹の甲羅揚げ」とのマッチは本当に素晴しい
と思いますので、お勧めいたします。

kouraage.jpg

9月中旬まで残暑が厳しいそうですが、ぜひ壮石で涼をお楽しみ下さい。


鮓&ワインおーじ
スポンサーサイト

テーマ : ワイン - ジャンル : グルメ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)