店名の由来

「そうせき」という店名はいかがでしょうか?
覚えて頂けましたでしょうか。

店名を決めるのに、関係者一同相当考え抜きました。
「覚えてもらいやすい」、「言いやすい」、
「我々の店ということを意味したい」、
「寿司岩からの伝統を受け継ぎたい」
などなど、思いは沢山ありました。

店長が「壮」という字を入れたいという提案があったので、
それをまず採用しました(無論、恥ずかしかったですが。)。

この店は「日本の食にこだわる」ということが信念です。
意地を張ってでもこだわりたいという気持ちから、大好きな作家
「夏目漱石」を思い出しました。

名作「坊ちゃん」の主人公のように江戸っ子で、真っ直ぐで、
意地っ張りで、素直な「坊ちゃん」のように店がなればという思いもあり
「そうせき」という響きを取ることにしました。

「夏目漱石」の「石」はそれだけでなく、よく考えると、江戸野菜を
使った料理は「懐石料理」にも通じますし、寿司岩の「岩」とも関係が
あります。そういった思いがありまして

壮石

と名づけたのです。

鮓のネタは毎日店長が築地市場で仕入れ、江戸野菜も協力して
いる築地青果市場の卸から新鮮なものを仕入れており、食材、
料理と、とてもこだわっています。

世の中の常識と少しばかり違うかもしれないが、私には私なり
のこだわりがある。そのために勇気を持って小さな一歩を踏み
出す。そんな夏目漱石の心境と近いものがあるかなとメンバー
一同自負しています。


「壮石」の由来を思い出して頂きながら、意地っ張りで
「こだわりにこだわった」当店の料理をお楽しみ下さい。


****************
ちなみに【漱石】の由来は、
昔、中国では「流れに漱ぎ、石に枕す」という常套句を使っていた
のですが、ある人が「石に漱ぎ、流れに枕す」と言い間違えました。
友人の指摘に「いやこれでいいんだ、わしはこうやって山野で暮ら
すんだ」と言い張ったことから「負けを認めない意地っ張り」の意味
に使われるようになりました。
****************


鮓おーじ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)