季節を握る

秋も後半、街の装いもめっきり冬らしくなってまいりました。

鮓ネタも冬を彩るネタが豊富になってきております。

・細魚の昆布締め
瀬戸内海で取れた細魚(さより)を昆布締めすることで、身を〆つつ、
淡くて繊細な旨味を凝縮しています。



・春子鯛
鯛の稚魚に当たる春子鯛(かすごだい)。
名前の通り春先が最も盛んですが、鹿児島では冬から出始めております。
鯛よりも身は柔らかく繊細なため、そのまま〆てお出ししています。
光り物の〆物とは違って、鯛らしい甘みも乗っています。



・鰤
寒くなるこれから脂が乗って美味しくなる鰤(ぶり)。
特に日本海側で取れる寒ぶりは冬の日本海を乗り切るために身に脂を蓄えています。
この鳥取の鰤は脂に甘みがあり、非常に濃厚で、
おろし醤油と合わせて召し上がって頂くと、
さっぱりしながらも余韻に旨味と甘みが口の中に広がります。





季節の握りをぜひご賞味くださいませ。


鮓&ワインおーじ
スポンサーサイト

テーマ : お寿司 - ジャンル : グルメ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)