鰹とワイン

梅雨も明けて夏本番といわんばかりの猛暑の毎日が続いております。
食欲がなくなるこの時期はあっさりしているものが欲しくなるかと思います。

そんなこの季節はぜひ「」をお召し上がり下さい。

開店前に店長が朝、築地から仕入れた静岡産の鰹をさばいております。
四分一に下ろしたあと、丁寧に身の掃除を行い、最後に皮を引きます。

3.jpg

鰹には鉄分が含まれとても体に良いとされています。夏場に起りやすい
貧血などを防止するためにも、また、夏を乗り切るためにも是非美味し
い鰹をお召し上がり頂ければと思います。

店長曰く、今の鰹は戻り鰹のように脂がのって抜群とのことです。

壮石では鰹をお刺身や握りでご提供することが多いのですが、鰹自体の
旨みを味わう鮓や刺身の場合にオススメするワインは、
ドメーヌ・レ・クラパス “ジャヴァ” 2008」です。

J1.jpg


フランスのローヌ地方で作られているこのワインは作り手のジェローム・ジュレ氏
が大変にこだわっている方で、酸化防止剤を全く添加しない超自然派の
ワインのみを生み出しています。

このジャヴァはグルナッシュ種特有の繊細な酸味と厚みのある旨みが
広がり、品のよい余韻もとても爽快です。
鰹の少し鉄分を感じるような繊細な味を引き立てつつ、生姜と浅葱の
薬味醤油にワインの若干スパイシーな風味が大変よく合い、相乗効果
を生み出します。

鰹との絶妙なコンビネーションを是非お試し下さい。


鮓&ワインおーじ
スポンサーサイト

テーマ : 美味しいもの - ジャンル : グルメ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)