ワインメーカーズディナー(シュロス・ゴベルスブルク)を行いました

早いもので1ヶ月が経ちましたが、9月14日に当店にてオーストリアのカンプタールを
代表するワイナリーであるシュロス・ゴベルスブルクの当主 ミヒャエル・モースブルッカー氏が
来店され、メーカーズディナーを行いました。



ミヒャエルことミッヒは来日のたびにほぼ当店に来て下さり、
メーカーズディナーも2回目となりました。
今回はインポーターのAWAさんのご尽力で、新たなアイテムも輸入され、
これまでは異なるラインナップでメーカーズディナーを開催しました。



この日は昼にオーストリア大使館商務部で彼のワインセミナーが開かれました。
各畑のテロワールを表現するコンセプト、そして、温故知新と言うべきか、
かつての修道士のワインの造り方を紐解いて、現代に蘇らせるなど、
セミナーでは彼のワインに対する考え方に深く触れました。
彼のワインはその人柄や姿勢を表現していて、食材や料理の味わいを引き立て、
決して邪魔すること無く、素晴らしい調和を見せてくれます。

この日も、
生筋子の出汁醤油漬け×GV シュピーゲル
伊佐木の刺身(塩、柑橘)×リースリング ガイスベルク
銀鱈 西京焼き×GV ラム
しめ鯖×リースリング トラディション
煮穴子×ピノ・ノワール
など、絶妙な相性とのお声を頂きました。



次回の来日の時もぜひ当店でメーカーズディナーを行いたいと思います。

鮓&ワインおーじ
スポンサーサイト

テーマ : ワイン - ジャンル : グルメ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)