鮎の季節

初夏の食材の代表として鮎(あゆ)がございます。

築地市場にも多く見かけるようになり、まさに初夏という様相です。

やはり、塩焼きで召し上がって頂くのが一番かと思います。

Ayu1406-001.jpg

壮石では店長が厳選した和歌山の鮎を中心に仕入れております。

鮎は香魚とも言われ、独特の芳しい香りがすることからその名を持っており、
川の苔などを食んでいるためか、焼けたときの香りに涼しげのあるさっぱりとした
香りがします。

身は非常に淡泊で淡い味わいに若干脂が乗っており、自家製の蓼酢(たでず)に
つけて召し上がって頂くと、まさにお酒のお供に最高です。

ぜひ、当店自慢の純米の日本酒(本荘、阿櫻、飛露喜など)と、
また、川魚にピッタリのオーストリア固有品種のグリューナー・ヴェルトリーナー
の白ワイン
とご賞味ください。

初夏の口福を壮石にて。


鮓&ワインおーじ
スポンサーサイト

テーマ : 美味しいもの - ジャンル : グルメ

Tag : 壮石 ワイン 寿司 銀座

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)