オーストリアの新酒(ホイリゲ)が本日解禁です!

毎年11月11日聖マーティンの日として、オーストリアでは新酒(ホイリゲ)が解禁されます。

今年のその日に当たる本日より、当店壮石でもオーストリアより取り寄せた
今年のホイリゲをご提供いたします。

今年ご提供するのはウィーンを代表する作り手、
Zahel(ツァーヘル)が作った、
ツァーヘル ホイリゲ ウィンナーゲミシュター・サッツ 2013
です。

zahel-001.jpg
ボトル:5,775円、グラス:1,050円


オーストリアの首都ウィーンの郊外は歴史的に有名な銘醸地で、
オーストリアを代表するワインが醸造されています。
ウィーンで歴史的に作られるワインはゲミシュター・サッツと呼ばれる
ワインがとても有名です。

耳慣れない名前かと思いますが、混植という意味合いです。
畑に様々な種類のブドウが植わっていますが、それを品種ごとに分けてワインを
醸造する一般的な方法ではなく、様々な種類のブドウを一緒に醸造したが、
ゲミシュター・サッツと言われるワインになります。

Zahel(ツァーヘル)はウィーンに17世紀から居を構える名門で、
ワイン農家を行いながら自らもホイリゲをふるまう居酒屋を営んでいます。

オーストリアでとても定評のあるツァーヘルのゲミシュター・サッツによる
ホイリゲはとても素晴らしく、今年(2013年)のものも香りが良く、エレガントな
仕上がりであると聞いています。

使用するブドウの種類はなんと6種類で、
 グリューナー・ヴェルトリーナー
 リースリング
 シャルドネ
 ミュラー・トゥルーガウ
 ノイブルガー
 ゲヴュルツトラミネール
だそうです。

新酒らしいフレッシュなブドウの果実味と酸味、さらに、ウィーンのテロワール
を示す苦味に代表される旨味が感じられるものと思います。また、今年の新酒は
アルコール度が11度と若干低めのため、すいすいと軽い飲み心地ではないでしょうか。

本日解禁のオーストリア直輸入のホイリゲをぜひご賞味くださいませ。
旬の野菜の炊き合わせ、平目等の淡泊な白身を柑橘と塩で召し上がる刺身
などと合わせると、とても良いと思います。


鮓&ワインおーじ
スポンサーサイト

テーマ : ワイン - ジャンル : グルメ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)