子持ち鮎と石川芋の炊き合わせ

めっきり秋めいてまいりました。

壮石の炊き合わせも秋の味覚が詰まっております。
石川芋、そして、子持ち鮎を炊き合わせにお出ししております。

130924blog003.jpg
左より時計回りに、石川芋、おくら、白ずいき、蓮根、子持ち鮎

石川芋は夏から秋を感じさせる食材のひとつです。
古くは聖徳太子が奈良の法隆寺から持ち帰ったともいわれおり、
もともとは石川早生と呼ばれ、大阪は南河内の石川村で
栽培されたことから、その名前はつけられそうです。

小ぶりの里芋で、きめ細かい触感でねっとりとしており、
うま味が凝縮しております。

また、和歌山より仕入れた鮎は子持ちとなっております。
身にぎっしりと卵が詰まった子持ち鮎は今しか召し上がれない
旬の食材です。

甘辛く生姜をアクセントとしながら、青木料理長が丹念に
甘露煮にしております。

旬の炊き合わせに壮石厳選の冷酒などを傾けながら
秋の味覚をお楽しみください。


鮓&ワインおーじ
スポンサーサイト

テーマ : 美味しいもの - ジャンル : グルメ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)