晩夏から初秋の味覚

夏も終盤となり、秋の雰囲気が漂う毎日となっております。

旬の食材も切り替わる季節となり、当店でも夏と秋の味覚が楽しめるように
なっております。

夏は長い物が美味しい季節と言われておりまして、
壮石でも名物の「大穴子の白焼き」がとても美味しい季節となっております。

2013anago-shira-001.jpg

天草や対馬で揚がる大穴子を店長が厳選して仕入れております。
一口頬張ると、身から脂が溢れ、パリッと焼きあがった皮との
コントラストが素晴らしい味わいです。


一方、秋の味覚となると「秋刀魚」「戻り鰹」です。

秋刀魚は出始めの新物で、北海道の根室から直送されてくる素晴らしい逸品です。
口先が黄色く、魚体が顔の比率に比べて大きく太くなっているものが美味しい証です。

厳選した秋刀魚を仕入れ、刺身や鮓はもちろんですが、
ご希望に合わせて塩焼きもお出ししております。

2013sanma-shio-001.jpg

生で食べるべき秋刀魚を焼いてしまうという豪華さですが、
召し上がって頂くと秋刀魚の旨味と甘みが凝縮されており、
秋刀魚の塩焼きとはこんな味だったのかと、軽いカルチャーショックを受けます。

無論、刺身や鮓は素晴らしい味わいです。
また、ブログでご紹介したいと思います。


戻り鰹(かつお)も徐々に脂が乗ってきており、美味しい季節となっております。

2013katsuo-001.jpg

最高潮に脂が乗るのはまだ先ですが、今はしっかりした赤身の味わいの中に
きめ細かい脂が乗っているという非常に上品な味わいです。

脂が乗りきった戻り鰹も素晴らしいですが、その一歩手前の身の旨味も
感じる今もとてもお勧めです。

生姜と薬味ねぎと共にさっぱりとご賞味ください。


秋は美味しい食材の出てくる季節です。
旬の食材をどんどんとお出ししてまいりますので、ぜひ秋の壮石にもご期待ください。


鮓&ワインおーじ
スポンサーサイト

テーマ : 美味しいもの - ジャンル : グルメ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)