能とバスク地方

 気温も15度くらいに冷え込んだ先の週末、を見る機会を得ました。
 演目は「乱(みだれ)」。
 俳優(シテ)が、中国の想像上の動物・猩々(しょうじょう)を演じる、おめでたい歌舞です。

 能の起源、詳細は不明のようですが、7世紀頃には原型が発生し、
 平安末期には、既に職業集団が存在していたとのことです。

 また、一緒に能を見た知人から、
 この黄金連休に行ったという、バスク地方の話を聞きました。

 バスク地方は、
 狭義ではスペイン北部の自治州、
 広義ではピレネー山脈の両麓に位置し、フランスにも跨ります。

 その地形(海と肥沃な谷)から、魚介類、燻製肉、豊富な種類の野菜など、豊かな食文化を誇り、
 特に「カニのホグシ身を載せたパイ料理」が最高と、その知人は話していました。

 能もバスク地方も、
 それぞれ、独特の文化と歴史と環境を有し、
 時代と共に変化しながらも、本質は揺るがない感じを受けます。

 今年3月、この東銀座の地に根を張ることとなった銀座壮石も、
 90年の歴史を有し、そして時代と寄り添いながら、
 「日本の食にこだわる」という、本質は揺るがずに参ります。

 (まーぼー デラックス)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)