FC2ブログ

旬の野菜と鮓を楽しむ会 ~ 夏野菜で暑気払い ~(7/20:レポート)

過ごしやすい初夏模様のなか、
旬の野菜と鮓を楽しむ会」を開催いたしました。

歌舞伎座がオープンしてから東銀座の街も賑わいを見せていますが、
壮石もその一躍を担うべく、盛り上げていきたいと思います。

それではコースの内容をご紹介しましょう。


*** 突き出し ***

ジュンサイのすだち酢

junsai.jpg

ツルっとした食感が独特な夏の食材、ジュンサイ。
その風味を楽しんで頂けるように、シンプルにすだち酢で仕立てました。
喉を吹き抜ける酸味と食感が食欲をかきたてる、スタートに相応しい一品。

ジュンサイは沼などで栽培される水草の一種。
主な生産地の東北地方では、小さな船を浮かべて収穫する姿は
夏の風物詩となっています。


*** 煮 物 ***

夏野菜の冷製炊き合わせ

takiawase_natsu.jpg

~冬瓜、オクラ、蓮、車エビ~

夏の彩りを楽しめる一品。
冷製に仕立てることで爽やかな味わいにしています。

冬瓜は、その字から冬の野菜と思われている方がいるかもしれませんが、
実は旬は夏なのです。冬までもつ(保存できる)という事から、
この名がついています。
ほとんどを水分で構成されているため、他の食材の旨みを染み込ませることで
噛んだときに口のなかにダシの味わいが広がります。


*** 揚 物 ***

夏毛蟹の甲羅揚げ 万願寺唐辛子添え

kouraage_manganji.jpg

ふっくらと仕上げた甲羅揚げと、丸々と大きな万願寺唐辛子の
ボリューム感が視覚にうったえてくる一皿。

毛蟹は一年を通して楽しむ事が出来ます。
冬は蟹味噌が美味しいですが、夏は旨みと甘みに優れています。
揚げる事でその旨みをいっそうお楽しみ頂けます。

万願寺唐辛子は唐辛子の王様とも言われる京野菜。
辛味は少なく、唐辛子という名からは想像できないくらいの甘みを含んでいます。


*** 鮓 ***

旬の握り

sushi_matsu.jpg

マグロ、アジ、甘エビ、ホタテ、冥加、水茄子、山葵巻き

イベントならではの野菜ネタ。
冥加が好評でした。軽くふった塩と、冥加の風味、食感の相性が良いです。
水茄子は、お口直しの変化球。
粘り気のある奥多摩山葵を刻んだ巻物も、ツンと夏らしい。


*** 水菓子 ***

さくらんぼ

satonishiki.jpg

さくらんぼの王様、佐藤錦
6月から7月が旬のさくらんぼですが、時間の経過と共に産地も移ります。
この日お出ししたのは、北海道産の佐藤錦。
山形産が有名ですが、この時期の北海道産もギュっと熟していて美味です。


次回の野菜会は10月中下旬
秋の味覚をご用意して、皆様をお待ちしております!

(野菜ソムリエ MARO)
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)