甘鯛の揚げ船場

節分も過ぎ、暦の上では春になりました。
しかし、まだまだ底冷えが続く日々で、春まではもう少しかかりそうです。

壮石では冬から春にかけての旬の魚である「甘鯛(あまだい)」を入荷しております。

13026amadai.jpg


脂の乗って、繊細な身の甘鯛を「甘鯛の揚げ船場」としてお出ししています。

130206senba.jpg

甘鯛の身に旨味を閉じ込めるべく、素揚げにし、聖護院蕪と出汁で仕立てた
とろみのある汁を一杯にはった、冬の一品です。

甘鯛の繊細な脂と柔らかな身が、素揚げして少しカリッとした衣の中から
あふれます。その身と聖護院蕪を使ったアツアツの汁を合わせて頂くと、
蕪の軽い苦みと出汁の旨味が甘鯛の身の甘さと相まって、美味しさを
引き立て合います。

まだまだ寒い毎日ですので、体の芯から温まる一品を是非お楽しみください。


鮓&ワインおーじ
スポンサーサイト

テーマ : 美味しいもの - ジャンル : グルメ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)