甲羅揚げを揚げる職人技

青木料理長が50年前に考案した独創料理「毛蟹の甲羅揚げ」
寿司岩時代から今の壮石に至るまで、お客様にご好評を頂いております。

北海道産の毛蟹の身、三つ葉、千寿ねぎ、椎茸などの具材を卵と合わせ、
職人技で毛蟹の甲羅に詰め込んで手早く揚げます。

keganinokooraage.jpg

揚げる際の火加減や手さばきも非常に難しく、まさに50年の技です。

芯まで繊細に火が入りながらも、ホクホク感を出し、外側は均一に
カリッと揚っています。

kouraage.jpg

甲羅揚げに一箸目を入れると、カリッとした衣が破れ、中から湯気
とともに蟹の香ばしい香りが立ち上ります。

一口目は、ぜひ何もつけずに召し上がっていただき、
二口目からは出汁に付けてお召し上がりください。

毛蟹の美味しい冬は特に格別の毛蟹の甲羅揚げです。


鮓&ワインおーじ
スポンサーサイト

テーマ : 美味しいもの - ジャンル : グルメ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)