酒の肴と〆の一品

今の時期、当店お勧めの2品をご紹介したい思います。

まず、酒の肴にお勧めしたいのが大穴子の白焼きです。

10-05-12_001.jpg


店長自ら築地市場に毎日仕入れにいくのですが、この大穴子は毎日入荷
できるわけではありません。長崎県の対馬で引き上げられる大穴子の中
から選りすぐった極太のものだけを入荷しています。

流れの速い対馬海流の中を回遊して育った穴子は適度に脂がのり、身の
厚さも比べものにならないぐらい厚くなっています。

この新鮮な極太穴子を塩で白焼きにしてレモンで食べるのが当店自慢の
「大穴子の白焼き」です。白焼きにすることで脂がしつこくなく、逆に穴子
本来のうま味が凝縮して、最高の酒の肴となるのです。
熱いところを常温や冷やの日本酒と合わせるとたまりません。


もう一品是非とも食べて頂きたいのが、〆の巻物としてのトロたくです。

文字通り、中トロとたくあんを合わせた巻物です。
ネギトロは一般的で大変おいしいのは知られていますが、実はトロと
たくあんという組み合わせが意外にもネギトロ以上に美味い一品なのです。

10-05-12_002.jpg


築地市場で昔から付き合いのあるマグロ仲買から仕入れている極上の中トロ。
刺身や握りにする部分をわざわざ巻物にするために切り落とし、ここにたくあん
を刻んで混ぜ込みます。
脂と少し塊が感じられるように叩いた中トロとたくあんのコリコリ感が
最高の食感を生み出します。さらに、たくあん自身が持つ酸味がトロの脂と
上手く合わさって絶妙な味のハーモニーを出しています。
お好みで白ごま、大葉を合わせて巻くとさらにさっぱり感と味のメリハリが出る
のでお勧めです。

壮石ご来店の折には〆に、ネギトロではなく「トロたく」を是非ご注文ください。
自信を持ってお勧めいたします。


鮨&ワインおーじ
スポンサーサイト

テーマ : 美味しいもの - ジャンル : グルメ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)