土曜ランチワイン会「鮓とワインのいろは」を行いました(8月18日)

ご好評頂いております「土曜ランチワイン会:鮓とワインのいろは」
8月も行わせて頂きました。

今回で14回目となりますが、毎度多くの皆さまにご参加頂きまして、
誠にありがとうございます。

さて、今回のテーマは「誰色にも染まるシャルドネ」ということで、
白ワインの代名詞ともいえるブドウのシャルドネをテーマに飲み比べを
行いました。

今回比べたワインはこちらです。

wine-sushi-0818.jpg
左より
・ラ・シャブリジエンヌ シャブリ プルミエクリュ フルショーム 2002(フランス)
・モッカガッタ ランゲ シャルドネ 2010(イタリア)
・カレラ セントラル・コースト シャルドネ キュヴェV 2010(アメリカ)
・クーヨン クロナール シャルドネ 2007(オーストラリア)
・カテナ アラモス シャルドネ 2010(アルゼンチン)

いずれも個性が光るシャルドネのワイン達が揃いました。

実はシャルドネ自体には明確な個性が無いブドウなのです。
その分、ブドウが育った地域の個性(気候、天候、土壌、地形、標高、緯度など)と、
醸造方法による味わいがよく表現される品種です。

ということで、今回はブドウ栽培地域も醸造方法もかなり異なるワインを5種類
ご用意し、最初にブラインドでお出ししました。

シャブリはやはりキンメリジャン地層に起因したヨードのようなミネラル感、
マロラクティック醗酵によるヨーグルトのような味わい、また、フルショームの畑
特有のエレガントなフローラルな香りがしました。しかし、2002年という10年前
のヴィンテージだったため、全体的にバランスが良くなり丸みを帯びていたため
個性的という感じではありませんでした。

イタリア ランゲ シャルドネのモッカガッタは意外な味わいでした。
パイナップルや桃といったトロピカルフルーツ系の味わいが非常に目立つ造り
になっていました。もちろん大陸性気候の寒暖の差による高い酸味と柑橘系の
味わいも特徴的でした。

アメリカ カリフォルニアのカレラは、醸造家のジェンセン氏がブルゴーニュで
研鑽を積んだことを反映しており、テロワールを上手く表現したワインとなって
いました。石灰質土壌らしいミネラル感、寒流の影響による冷涼な気候らしい
レモンやライム、シトラスの味わいがしっかりとしました。

試飲して最も驚いたワインがオーストリアのクーヨンです。
ブラインドなら間違いなく伝統国のワインであると答えてしまうような造りでした。
素晴らしい透明感のあるミネラル感、シュール・リーによる旨味、冷涼な気候に
よる高い酸は非常に素晴らしい出来でした。オーク樽の使い方もとても繊細で感動
したワインです。

アルゼンチンのカテナのワインは920~1450mという高地で栽培されたブドウを
使っているため、5本で最も高い酸が感じられました。一方、味わいは桃やカリン、
パイナップルといった熟した果実の味わいが広がりました。これは日照の良い
アルゼンチンらしさです。

これだけ個性の違うワインをブラインドで飲み比べて頂くことで、1つずつ違いを
比較しながら皆さまに楽しんで頂けたご様子でした。

お好きなワインをお聞きしたところ、オーストラリアのクーヨンが大人気だった
のですが、お客様はこのワインを伝統国のワインと思われていたようで、種明かし
をするとかなり驚かれていたご様子でした。

フランスやイタリアといった伝統国のワインは食事の味わいを引き立てるという
コンセプトでワインが造られることが多く、一方、アメリカ、オーストラリア、
アルゼンチンといった新興国は単独で飲んで美味しいワインを造るという風潮が
あります。

今回のワインでカレラやクーヨンはこれまでの新興国らしい味わいではなく、
エレガントで栽培地域の味わいを良く表現しようと腐心している作り手です。
そういった伝統国に近いワイン作りが世界的にも広がっていることが今回から
もよくわかりました。

ブラインドテイスティングをして頂きながら、
・じゅんさいとウニの前菜
・冬瓜、ハモ子、小芋、蓮、オクラの冷製炊き合わせ
・鮓盛り合わせ

を合わせて楽しんで頂きました。

今回もご参加のお客様に楽しんで頂けたご様子で何よりでした。


9月、10月の予定も決まっております。
http://nishitani-sushi.com/winelunch.html

◆ 9月15日(土)
テーマ:土着品種のワイン探訪
その国だけでつくられる個性的なブドウのワインを飲み比べたことがありますか?

◆ 10月27日(土)
テーマ:秋のピノ・ノワール大収穫祭
収穫の秋を祝って、みなさんが大好きな名醸地のピノ・ノワールを飲み比べます。

毎度気軽な雰囲気で行っております。
ぜひ皆さまのご参加をお待ち申し上げております。


鮓&ワインおーじ
スポンサーサイト

テーマ : ワイン - ジャンル : グルメ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)