「ブルゴーニュワインとオーストリアワインの使い分け」を開催しました。

「鮓、会席とワインのマリアージュを楽しむ夕べ」
を7月5日(木)に開催いたしました。

講師の岩城先生がオーストリアより帰国される3ヶ月に1度開催しております。

今月は「ブルゴーニュワインとオーストリアワインの使い分け」というタイトルで、
ブルゴーニュとオーストリアの個性の由来をひもときながら、江戸前鮓と
会席料理の相性を楽しみました。

ワインは6種類ご用意しました。

0705wine.jpg

左より
1) Beringer Napa Valley Chardonnay 2010
2) Henri Darnat Meursault Clos du Domaine 2010
3) Billaud Simon Chablis 1er Mont de Milieu VV 2009
4) Hiedler Riesling Heiligenstein 2008
5) Clemens Busch Riesling vom Roten Schiefer 2010
6) Fred Loimer Kaferberg Gruener Veltliner 2010


最初、伊佐木とアオリイカの握り鮓に対して1)、2)のワインを飲み比べました。
白身やイカといった繊細で淡い味わいのネタに対して、ワインの樽香が及ぼす
影響を比べられました。

和食のような繊細な味わいの食事には樽香はなるべく無い方が合わせ易い
ということを感じていただけたようです。

続けてお料理、突き出し2品(鱧の洗い、無花果の生ハム巻き)をお出しした後、

0705takiawase.jpg
季節の炊き合わせ(千両茄子、新蓮、里芋、おくら、鱧子)

0705agemono.jpg
揚物(胡麻豆腐の変わり揚げ ~車海老と枝豆のい込み~)

0705yakimono.jpg
焼物(鱸の塩焼き)

0705sushi.jpg
鮓盛り合わせ(中トロ、平貝、鯵、穴子、スティッキオ)


料理に合わせて6種類のワインを飲み比べてベストマッチを探っていきました。

樽香の有り無し、緯度による酸味の高さの違い、土壌の違い、ブドウ品種の違い
という主に4種類の視点がこの6種類のワインに集約されており、それぞれを
比較することで、どの違いがどの料理と合うかということで岩城先生がお話を
進められていきました。

料理とのマッチングは基本的に「同類の味わい」か「コントラスト」が最も
合うとされています。

揚物でお出しした胡麻豆腐の変わり揚げは、胡麻の濃厚な味わいと揚物の油分
があるため、その濃厚さを切る酸味の高いワインが合うということで、
3) Billaud Simon Chablis 1er Mont de Milieu VV 2009
が人気が御座いました。

一方、鱸の塩焼きの場合は、鱸の脂と独特の香りと合う、リースリングの
4) Hiedler Riesling Heiligenstein 2008
5) Clemens Busch Riesling vom Roten Schiefer 2010
などが進んでおりました。


岩城先生からは、和食の1品1品の味わいを見ながらワインを選ぶことで、
とてもよく合うワインがかなりあるとお話されていました。
また、料理とワインの基本のマッチング(同種の味わい/コントラスト)に
沿えば、あとは個人の趣向の範囲での選択なので、かなり選択肢があるとも
仰っていました。

和食店でワインを扱う店では、ブルゴーニュの白やシャブリを扱っている
ことが多いのですが、今回のマリアージュではオーストリアのリースリング
やグリューナー・ヴェルトリーナー、ドイツのリースリングなどが、
ブルゴーニュのムルソーやシャブリよりも合う場面がかなりありました。

和食=ブルゴーニュ、シャブリという固定観念を捨てて、よく合うワインを
店側もご用意することが重要であるとも思います。

当店でもオーストリア・ワインを推しておりますが、今後ともお客様に
鮓、会席とよく合うことを感じていただき、選んでいただけるようにして
いきたいと思います。

今回ご参加のお客様にもオーストリアやドイツの和食における可能性を感じて
いただけたご様子でした。


さて、岩城先生の次回のワイン会は11月頃を予定いたしております。
また、ブログ、メーリングリスト、Facebook、当店のポスター等でご紹介させて頂きます。


来月からはご好評の「土曜ランチワイン会」を再開させて頂きます。

8月18日(土): 誰色にも染まりやすいシャルドネ
 白の代表シャルドネ。これが同じシャルドネ?世界のシャルドネを比べましょう。

9月15日(土): 土着品種のワイン探訪
 その国だけ作られる個性的なブドウのワインを飲み比べたことがありますか?

10月27日(土): 秋のピノ・ノワール大収穫祭
 収穫の秋を祝って、皆さん大好きな銘醸地のピノ・ノワールを飲み比べます。

内容 グラスワイン(3~4種)、旬の料理、旬の握り鮓、茶碗蒸し、椀物
時間 12:00~14:00
会費 5,000円
人数 10名様限定 <事前予約制とさせて頂きます>


ぜひ皆様の振るってのご参加をお待ちしております。
毎回リピーターの多い、大変楽しい会となっておりますので、
1名様からでもお気軽にご参加くださいませ。


鮓&ワインおーじ
スポンサーサイト

テーマ : ワイン - ジャンル : グルメ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)