万願寺唐辛子

沖縄では早くも梅雨明け。
夏野菜が美味しい季節になってきます。
今回ご紹介するのは万願寺唐辛子

manganji

京都府舞鶴の万願寺地区で栽培されてきた伝統野菜です。
大正時代に「伏見唐辛子」と外国系ピーマンが交配して出来たされており、
全長十四~十七センチの大き形で、なかなかの風格を持っています。

特有の芳香と甘みがあり、肉厚で柔らかい。
ピーマンほど青臭みもないので食べやすいです。  

細長い形の「唐辛子形」で見た目はゴツくて硬そうですが、
意外と軟らかく、甘味があって美味しい野菜です。
栄養面でも、ビタミンCに関しては、ピーマンよ り豊富です。

食べ方としては、シンプルな素揚げが美味しい。
軽く焼いて醤油を付けても煮てもGOODです。

この万願寺唐辛子、夏の野菜会(7月14日)でもお出ししようと思っており、
メニューを考えております。

まだお席のご案内が可能ですので、お申込みお待ちしております。(03-6228-4659)
夏野菜を美味しく食べて、夏バテを吹き飛ばしましょう!
http://nishitani-sushi.com/vegetable.html

(野菜ソムリエ MARO)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)