冷酒 本荘

壮石で扱っている酒類は皆こだわりの品々です。
それらを順々にご紹介していきたいと思います。

今回は日本酒の本荘 中取り純米吟醸をご紹介したいと思います。

IMG_0592.jpg


本荘は秋田県の由利本荘市にある酒蔵「齋彌酒造店」(さいやしゅぞうてん)で
醸造されています。

齋彌酒造店は全国新酒鑑評会で七年連続金賞受賞(平成に入ってからの
金賞受賞は十二回)という全国的に大変有名な酒蔵です。また、日本発の
オーガニック日本酒認定の蔵としても有名になっています。

また、同蔵の杜氏を務める「高橋藤一杜氏」は稀代の名人と誉れが高く、
いま、極上の純米酒を醸す杜氏として注目されています。高橋杜氏について
書かれている「美酒の設計」という本にも杜氏の酒造りに対する考え方と真摯な
姿勢が綴られていて、「酒は人間が作るものではなく、水、米、酵母が作って
くれるもの」という自然を大切にする酒造りの考え方がうかがえます。

本荘は齋彌酒造店と高橋藤一杜氏、さらに、当店が仕入ている「地酒の村井」
の若旦那さんがタッグを組んで開発した地域限定のこだわり純米酒です。

召し上がって頂いたお客様からは、
「スッキリしていて美味しい」
「いわゆる日本酒独特の匂いが無くて飲みやすい」
「鮓や料理にとても合うからスルスル飲める」
とご好評を頂いており、大変嬉しい限りです。

以前、秋田で本荘に出会ったときの驚きと感動を今でも覚えています。
爽やかな白い花のような香りと軽い喉越し、余韻にほのかに酸味を感じる
バランスの良さは絶品でした。是非とも多くの方に知って頂きたいと思い、
壮石でお出しする運びとなりました。

壮石でお客様に好評を頂いていることを「地酒の村井」の若旦那さんに
お伝えしたところ、大変喜んでいらっしゃいました。

東京ではほとんど出ていない本荘を是非一度お試し頂ければと思います。

追伸:
日本酒も食材と同じく旬があり、現在お出ししている
「中取り純米吟醸」は5月迄で、6月からは本荘も緑ラベル
のフレッシュなタイプへと変わります。中取りをお飲みに
なりたい方は今月中にお越し頂ければと思います。


鮓&ワインおーじ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)