土曜ランチワイン会 ~ワインと鮓の「い・ろ・は」~ 2月25日開催しました。

昨日(2月25日)に毎月恒例の
土曜ランチワイン会 ~ワインと鮓の「い・ろ・は」~
を行いました。

今回も沢山のお客様にお申込みを頂き、ありがたいことに満席のご参加を頂きました。

さて、今月は
クラシカルな味 VS 新潮流の味
一世を風靡した味わいと、流行の味わいの対決!
とのテーマで開催させて頂きました。

開催前からお客様より「どのような内容でしょうか?」とお問合せを頂きました。
服のファッションにも流行があるように、ワインの味わいにも時代によって流行があります。
 クラシカル = 一世を風靡した昔に好まれていた味わい
 新潮流   = 現在好まれている味わい
ということで、味わいを比較しその味わいの裏側を知ろうという試みです。

今回お出ししたワインは、
wine0225-001.jpgwine0225-002.jpg

1)'98 La Rioja Alta Rioja Tint Gran Reserva 904
2)'07 Telmo Rodriguez LANZAGA
3)'06 Stadt Krems Riesling Grillenparz
4)'07 Nikolaihof Steiner Hund Riesling Reserve


実は私もご説明しながら試飲しつつ、素晴らしいワインと感心しておりました。

まず、赤ワインの1)と2)を比較いただきました。
1)がクラシカル、2)が新潮流になります。

スペインのDOCaリオハの赤ワインでクラシカルなものはアメリカ産のオーク樽を使い、
合計5年以上という長期間の熟成
を経ないと出荷できない代物です。

リオハのグラン・レゼルバ特有の熟成香(紅茶、チョコレート、なめし革など)の
素晴らしい風味が広がります。

一方、新潮流のリオハ赤ワインは、フランス産のオーク樽(新樽)を使い、
比較的短期間の熟成
で、ブドウ本来の果実香味をストレートに伝える作りになって
います。

企画した私の想像では今流行っている新潮流の味わいが人気と思っておりましたが、
以外や以外、クラシカルなリオハのグラン・レゼルバが大変な人気でした。

この赤ワインに合わせてお出しした「マグロ赤身とアボガド・わさびのタルタル」
の料理と合わせてお召し上がりいただくと、マグロ赤身の鉄分やタルタルに加えた
醤油の味わいとリオハの熟成した味わいが大変によくマッチすると大好評を頂き
ました。

続いてお出しした、白ワインの3)、4)をお出ししました。
こちらは3)が新潮流、4)がクラシカルです。

この違いは貴腐ブドウと樽の使用の違いです。

3)のワインでは自然に貴腐菌が付着して貴腐化したブドウは排除しています。
貴腐化することは悪いことではなく、世界的に高級な貴腐ワインが作られるブドウ
でもあります。しかし、ブドウの健全な味わいとは異なる貴腐化したものを完全に
排除した上に、木樽を使わない(ステンレスタンク使用)という手法で、余計な味わい
や余計な手を加えず、綺麗な味わいを伝えるというのが新潮流の味わいです。

一方、4)は貴腐化したブドウも利用し、伝統的なオーク樽も使うという手法で作ら
れたワインです。ブドウが貴腐化するのも自然の流れであり、それも含めてワインに
することがその土地の味わいを伝えるという哲学に基づいたものです。
(このワインはあえてブドウを遅摘みすることで、より熟成をうながしているという
手法も使っています)

3)と4)でお客様に好みをお聞きすると、少し分かれましたが、4)の方が人気が
あるというご回答でした。

白ワインに合わせてということで、「ジャガイモとクリームチーズ焼物~酒盗添え~」
をお出ししたのですが、リースリングのミネラル感やボリュームと大変によく合うと
こちらも大好評を頂きました。

最後に旬の鮓の盛り合わせと4種類のワインを合わせながら召し上がって頂きました。


ワイン業者さんではクラシカルなリオハなどはあまり売れないようで、輸入量も少ない
とお聞きしていますが、お客様からはクラシカルな味わいがお好きというお声が多く
聞かれ、いい意味で期待を裏切られた大変に嬉しい会でした。

ワインも店頭に飾ってあるだけではわからず、飲んでみるとその美味しさに理解頂ける
ということがよくわかる会でもありました。


来月23日は当店もおかげさまで3年目を迎えます。
それを祝いまして、次回は3月31日(土)の夜(18:30~)
特別編の土曜ワイン会を行う予定です。題して、
春到来! フランス スパークリングの競演
ということで、フランス各地のスパークリングワインを飲み比べて頂くイベントです。

近々に、また詳細をご紹介いたします。

当店2周年と、暖かな春の到来を皆さんで楽しく祝う会にしたく存じますので、
皆さまのご参加を心よりお待ちしております。


鮓&ワインおーじ

スポンサーサイト

テーマ : ワイン - ジャンル : グルメ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)