土曜ランチでワイン会 ~ワインと鮓の「い・ろ・は」~(1月28日)を行いました。

本年初めての土曜ランチワイン会を先週の土曜日(28日)に行いました。
ありがたいことに多くのお客様にご参加頂き、盛況のワイン会となりました。

今回のテーマは「ブルゴーニュ(赤)の哲学」です。

http://nishitani-sushi.com/winelunch.html

0128wine-001.jpg


ブルゴーニュは12世紀に厳格なキリスト教シトー派の修道士達が畑を検地し、
細かく畑の等級を決め、今もその等級が引き継がれています。
畑によって味わいが異なることを感じていただきました。

今回は繊細な味わいで和食との相性も良い、シャンボール・ミュジニー村
2008年のワインを取り上げました。


・AOCブルゴーニュ
・AOCシャンボール・ミュジニー
・AOCシャンボール・ミュジニー プルミエ・クリュ


の3種類の飲み比べでブルゴーニュの表現する「テロワール」の哲学を舌で感じて
頂きながら解説をさせていただきました。

ブルゴーニュ(地域)
   >シャンボール・ミュジニー(村)
      >シャンボール・ミュジニー プルミエ・クリュ(単一畑)

と対象になるブドウの栽培面積が小さくなっていくことで、それぞれの栽培地の
「土壌、気候、天候、地形」がより明確になり、ワインとしてもよりその特徴を
表現しようと作られていきます。

これこそがブルゴーニュが大切とするテロワール主義です。

自然に抗わず、自然の示した通りの状態をワインで表現するという考えです。


AOCシャンボール・ミュジニー(村)とプルミエ・クリュ(単一畑)では抜栓後の
味わいの違いは非常に微妙でしたが、グラスに注いで時間が経つにつれ味わい
の複雑さがプルミエ・クリュには生まれてくる様子を感じ取って頂けたようで、
ブルゴーニュの哲学 = テロワール主義」を楽しんで頂けたご様子でした。

「聖護院鏑の炊き合わせと鴨の治部煮」といった当店の料理に合わせていただき、
また、鮓では本マグロのトロや赤身、さらには氷見の寒ブリ、江戸前の穴子に
合わせて楽しんで頂きました。


来月は2月25日(土)に「クラシカルな味 VS 新潮流の味」というテーマで
全く同じブドウを使った、オーストリアの白ワイン(2種)、スペインの赤ワイン(2種)
を取り上げて、昔から作られる伝統的な味わいと、最近流行の味わいを比較して
その背景を探ろうと思います。

来月も皆さまのお越しを心よりお待ち申し上げております。


鮓&ワインおーじ
スポンサーサイト

テーマ : ワイン - ジャンル : グルメ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)