イグノーベル賞とワサビ

今年もイグノーベル賞に日本人受賞者が出ました。

テーマは「わさび警報機」

火事の際に寝ている人を起こすことができる
わさびのにおいの理想的な濃度を研究し、
わさび警報装置を開発した研究チームに贈られました。

ワサビといえば、鮓に欠かせないものです。
ネタとシャリを引き立てる重要な役割を担います。

イグノーベル賞の授与条件は

「人々を笑わせ、そして考えさせる」 との事。

壮石も

「お客様に笑顔になっていただき、食文化を継承する」

そんな心意気でこれからも頑張っていきたいと思います。

(野菜ソムリエ MARO)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)