鮓とニューワールドワインの革新的マリアージュ<壮石ワイン会>

7月に2回連続で行われる壮石恒例のワイン会
「鮓、会席とワインのマリアージュを楽しむ夕べ」
の1回目が7月4日に行われました。

オーストリアから一時帰国されたワインジャーナリストの岩城ゆかりさん
プロデュースするワイン会です。

岩城さんには昨年からワイン会を行って頂いていますが、当店のワイン担当を
している私の師匠でもあります。

第1回目は
「鮓とニューワールドワインの革新的マリアージュ」
という、大変にチャレンジングな内容の会を行いました。

ニューワールドワインとは、フランスやイタリアといった昔からワインが飲まれていた
ヨーロッパ諸国をオールドワールドと呼び、オールドワールドから習って新たにワイン
作りが行われている国をニューワールドと読んでいます。代表的なところでは、アメリカ、
オーストラリア、ニュージーランド、チリ、アルゼンチン、南アフリカなどの諸国です。

今回はオーストラリア、アメリカのワインを取り上げました。

NWwine-001.jpg

ニューワールドのしっかりした味わいに負けない料理をということで、紅林店長、
青木料理長も工夫を重ねて非常に創造的なコース料理となりました。

鯖のへしこ
NWwine-005.jpg

平目の蓼とオリーブ風味、甘エビと酒盗の軍艦、鴨の炙り握り
NWwine-002.jpg

鰯の梅煮と茄子の炊き合わせ
iwashi-002.jpg

イサキの赤味噌焼き
NWwine-003.jpg

旬の握り
NWwine-004.jpg

日本古来のクセや旨みの強い味わいの食材や料理を中心に革新的な鮓懐石を組み立てました。

革新的な料理とニューワールドワインの組み合わせにお客様も驚かれたご様子でしたが、
皆様から「とてもおいしい!!」、「このような組み合わせが合うとは」、「ニューワールド
は和食に合わないと思っていたけど、その常識がくつがえされた」
など、ご参加頂いた
皆様に大変喜んで頂きました。

フランスなどのオールドワールドのワインはその歴史背景からも食事の味わいを引き立てる
風味で作られているものがほとんどで、食事と合わせて美味しいワインとなっています。
一方、ニューワールドのワインはそれだけで飲んで美味しいワインになっているものが
多いのが特徴です。よって、食事とあわせるとワインの味わいが勝るものが見られます。
味わいが繊細な和食や鮓とニューワールドワインをあわせることは大変に難しいと言われて
いますが、今回はそのような常識を少しくつがえすことが出来たかな、と当店としても
自画自賛で大成功のワイン会となりました。


今週14日(木)は
「シャブリより和食に合う白ワインを見つけよう!」
です。

こちらもとても面白いテーマです。
当店としても大変楽しみにしております。

今後も工夫したテーマでのワイン会を乞うご期待下さい!!


鮓&ワインおーじ
スポンサーサイト

テーマ : ワイン - ジャンル : グルメ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)