千住ネギ

ねぎまの話題が出ましたので、千住ネギについてひとつ。

ねぎま等、季節に合った旬の一品にも使ったり、
そして壮石の看板メニューの1つ、毛蟹の甲羅揚げにも使われています。

白身がギッシリとつまっていて太く、手に取ると、その重さにビックリします。
そして火を通すと、抜群の甘みを発揮します。

ネギの香味は硫化アリルが含まれているため、消化促進や抗菌作用アリ。
またビタミンB1 、B2 が豊富でエネルギーの代謝や脂質の代謝を助けてくれます。
寒さと乾燥で免疫が落ちがちなこの時期にピッタリなのです。

古くは約200年前からあるとされる千住ネギ。
足立区の千住地域でのみ扱われており、流通量が少ないため、
一般の家庭には出回りにくいのが実情。

ぜひ壮石で、その旨味をご堪能下さい。

(野菜ソムリエ MARO)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)