壮石のワイン(1)

今日はワインについてご紹介したいと思います!

壮石のワインは結構こだわって選んでいるんです。

選んだコンセプトは2つ、

・鮓と江戸野菜料理の旨みを引き立てる
・自然派ワイン(ブドウは有機栽培か低農薬栽培)


鮓も江戸野菜もとても繊細な味付けですし、食材にはとてもこだわっているので、
このようなコンセプトにしています。

もちろん、美味しいのは言うまでもありません。

コンセプトに基づいて、壮石でのワインリスト作成には担当の私だけではなく、
ワインジャーナリストで、オーストリアワインに関して日本の第一人者でいらっ
しゃる「岩城ゆかり」先生に多大なるお力添えを頂きました。

岩城ゆかり「新自然派ワインを求めて」


オーストリアワインは皆さんの目に触れることはまだ少ないですが、昔から
自然派ワインの宝庫なのです。そこで、オーストリアをメインに、南仏、
ブルゴーニュなどのワインをリストアップしました。


その中で今回ご紹介するのは、開店レセプションでもご好評を頂いた

「シュタットクレムス クレムスタールDAC 2008」

クレムスタール


です。

オーストリアのニーダーエステライヒ州にある銘醸地クレムスタール地方
で作られているワインです。

近年、オーストリアの白ワインは質の高さが世界的に注目されていて、
ブルゴーニュの白ワインと競うほどだと言われています。

シュタットクレムス クレムスタールDACはオーストリア原産の白ブドウ
「グリューナー・ヴェルトリーナー(GV)」を使っていて、
「DAC(Distrctus Austriae Controllatus)」という厳しいオーストリア
のワイン法の格付けを認められたワインです。

GVはミネラル(鉱物の風味)を強く感じると同時に、柑橘類の酸味、
白い花のような香りと軽くハチミツのような風味も感じられる繊細な
味わいの品種です。

さらにシュタットクレムスはGVをステンレスタンクで醸造しているため、
スッキリとした味わいに仕上がっており、一層和食に合うワインとなって
いるのです。

日本ではまだまだ広まっていませんが、こだわりのオーストリアワインを
是非味わいにいらして下さいませ。


鮓&ワインおーじ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)