FC2ブログ

高橋藤一 杜氏

昨日のNHK「プロフェッショナルの流儀」にて、
秋田県由利本荘市の「齋彌酒造店」にて杜氏をつとめる
山内杜氏の高橋藤一さんが取り上げられました。

NHK:プロフェッショナルの流儀
http://www4.nhk.or.jp/professional/

当店、銀座壮石にても高橋藤一さんが仕込む「齋彌酒造店」の純米酒「雪の茅舎」と、
当店が仕入れている酒店「地酒の村井」さんと高橋さんがコラボされている純米吟醸酒「本荘」を
開店以来入れさせて頂いております。

私も、4年前に「齋彌酒造店」さんを見学させて頂き、
その様子を下記のブログでお伝えさせて頂きました。

http://ginzasoseki.blog122.fc2.com/blog-entry-752.html

櫂入れしない、濾過しない、加水しないという3つが無いという
非常に珍しい造りだとブログで書かせて頂きました。

昨夜の放送で、高橋杜氏いわく、日本酒は造るのではなく、
育てるとおっしゃっていて、人が人力で余計なことをせず、
自然の力で作られるとのことでした。そう考えると上記の3つを
行わないことは自明の理なのだと思いました。

特に、櫂入れしないというのは、櫂をいれるとすべてが均一に発酵し、
試験管的に美味しいものが均一に量も多くできるそうです。
一方、発酵を自然にさせることで、発酵が進んだ部分、進んでいない部分
と不均一になり、酒に未熟な部分と適度な部分、過熟な部分といろいろな
味わいが入り、それが全体の調和を生むとのこと。
まさに、自然派ワインの造りと通じるものがあります。

さらに、昨夜の番組では、昨年から仕舞い仕事もしない大吟醸も造りも
はじめられたそうで、日本酒を育てるかということに常に勇気と探究心を
もって進められていることがよくわかりました。

当店も「地酒の村井」さんから高橋杜氏のお酒を進められて、
一目ぼれで取り扱わせて頂きました。

「雪の茅舎」はもちろんのこと、東京ではほとんど飲むことのできない「本荘」も
ぜひ、当店の江戸前鮓、会席料理と合わせてご賞味ください。


鮓&ワインおーじ
スポンサーサイト

テーマ : 美味しいもの - ジャンル : グルメ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)