FC2ブログ

2018年:オーストリアワインの新酒「ホイリゲ」を提供します

毎年オーストリアでは、11月11日の聖マーティンの日あたりに、
その頃にその年の新酒のワインが解禁されます。

オーストリアは昔から新酒を楽しむ国で、皆さんこの日を待ちわびております。

今年も当店では空輸でホイリゲを2種類ご用意致しました。
本日11月9日(金)よりお出しさせて頂きます。

ぜひ、今年の味わいをお楽しみください。

1) ヴィーニンガー ヴィーナー・ホイリゲ 2018

 ウィーンの伝統的ワインの「ゲミシュター・サッツ」とは混植混醸(一つに畑に
様々なぶどうを植えて、全てを同時に収穫して、一緒に醸造する)ワインのことで、
世界的にも珍しいワイン造りを行っています。ヴィーニンガーは、
「ミスター・ゲミシュター・サッツ」と異名をとるウィーンのトップ生産者で、
ウィーンのワインを復興しようとゲミシュターサッツの素晴らしいワインを醸造し、
再び世界で脚光を浴びるワイン産地にまで押し上げた立役者です。

 現在はビオディナミの生産者で土壌、気候、風土、畑の向き、ブドウなど、
ワインの味わいを構成する要素であるテロワールを表現できるワイン造りを
しています。ホイリゲももちろんビオディナミです。

 柑橘類を中心とした果実味や白い花のような風味、さらに、溌剌とした
高い酸味があります。そして、何よりヴィーニンガーの真骨頂は、
口中に広がる強いミネラル感。新酒とは思えない凝縮感のあるワインです。

ブドウ品種:
ヴァイスブルグンダー:45%、ミュラー・トゥルガウ:20%、ブービエ:20%、
グリューナー・ヴェルトリーナー:8%、ヴェルシュリースリング:7%

ボトル:6,500円、グラス:1,200円(いずれも税別)

2018ホイリゲ(ヴィーニンガー)


2) ツァーヘル ビオ ヴィーナー・ホイリゲ 2018

 みずみずしいミカンやりんご、洋梨のような果実味とスパイシーさがあります。
さらにミネラル感とすっきりした酸に、わずかな残糖もあって、バランスがとても良く、
するすると飲めるワインです。
 ツァーヘルは、ウィーンに1766年にマリア・テレジアによって建てられた小学校が
起源で、18世紀から居を構える名門です。ワイン農家を行いながら自らもホイリゲ
をふるまう居酒屋を3代に渡って営んでいます。多くの良い畑を持ち、新酒以外
にも素晴らしい白ワインを多数造っており、ウィーンを代表するワイナリーの一つです。
ウィーンを代表する銘醸畑「ヌスベルク」のぶどうで作られています。
また、2018年ヴィンテージより厳しいビオの認証「デメター」を取得しました。

ブドウ品種:
シャルドネ、ヴァイサーブルグンダー、グラウワーブルグンダー、
リースリング、グリューナー・ヴェルトリーナー、トラミナー、ノイブルガー

ボトル:5,500円、グラス:1,000円(いずれも税別)

2018ホイリゲ(ツァーヘル)


当店いつもお出ししている「バイ・ザ・グラス」の14種に加えて、
ホイリゲ2種もぜひお楽しみください。

ぜひ、お気軽にグラスワインで和食に寄り添うオーストリアワイン
の良さを実感頂ければと思います。


鮓&ワインおーじ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)