年末のご挨拶

本年も皆様にご愛顧頂きましたおかげで、当店も無事にこの日を迎えることが出来ました。
店一同皆様に御礼申し上げます。ありがとうございました。

来る年は3月に当店も7年を経過し、8年目を迎えます。
ご愛顧頂いている皆様にさらに喜んで頂けるよう、努力してまいります。

どうぞ皆様良いお年をお迎えくださいませ。

本年も誠にありがとうございました。




店主敬白
スポンサーサイト

テーマ : 今日の出来事 - ジャンル : ニュース

年越し鮓をお作りしております

今年最後の仕事、年末吉例の年越し鮓を
店長と小熊が一年のお礼を込めて丹精込めて
握っております。





ご予約頂きましたお客様のお越しを
お待ちしております。

鮓&ワインおーじ

テーマ : 今日の出来事 - ジャンル : ニュース

本年最後の仕入れ

本年最後の仕入れを店長と行いました。




最後の仕入れも店長が選りすぐった品物を仕入れました。

同時に、今年一年も素晴らしい食材を提供して下さった
取引させて頂いている仲買の皆様に一年のご挨拶を
させていただきました。



毎年の事ですが、今年最後の築地市場の営業日だけあって、
場内場外共に早朝にも関わらず物凄い人出です。

これから築地市場へお買い物という方はお気をつけておいで下さい。
そして年の瀬の築地市場の雰囲気を満喫して頂ければと思います。

鮓&ワインおーじ

テーマ : 今日の出来事 - ジャンル : ニュース

今年ご来店下さったワインの造り手と、お会いしたワインの造り手

本年もオーストリアワイン大使の立場で一年を振り返ると、
昨年に引き続き「オーストリアイヤー」と言えるほど多くの
造り手の方との出会いがございました。

2月には雪の残る岩手県花巻市の「高橋葡萄園」さんを訪問。
造り手でオーストリアワイン大使でもある高橋喜和さんに
畑をじっくり見せて頂き、醸造所の見学と試飲をさせて頂きました。
丹念に仕事をされている高橋さんのご様子が手に取るように
わかる畑の状態で、雪の下の土は柔らかくまた温かかったのが
印象的でした。また、大迫町に何軒かあるワイナリーの中でも
高橋さんの畑は盆地のような場所にあり、ミクロな気候も異なる
とのことでした。ワイン造りでも枝の向きによってワインを造り
分けて出荷されたり、亜硫酸無添加を造られたりと、いろいろな
取り組みをされていることに感動いたしました。
さまざまなワインを試飲させて頂き、今年から高橋さんのワイン
も当店にて扱わせて頂きました。

写真1写真2
写真3写真3-1


3月にはFoodexの折に、当店にオーストリアワインマーケティング
協会会長のWilly Klingerさんと、オーストリア大使館商務部
商務参事官(当時)のMichael Otterさんがご来店くださいました。

和食が大好きなお二人に当店の江戸前鮓と会席料理にオーストリア
ワインを堪能して頂き、江戸前鮓や料理とオーストリアワインという
新たな組み合わせは繊細で素晴らしい。この良さを世界の皆さん
に広く知ってもらうようこれからもサポートしていきたい
とありがたいお言葉を頂きました。

http://ginzasoseki.blog122.fc2.com/blog-entry-796.html

写真4


4月にはビオディナミを先進する、オーストリアのニコライホーフ
からChristine Saahs夫人と、フランス ロワールのクレ・ド・セランから
ニコラ・ジョリーさんの娘さんVirginie Jolyさんにご来店頂きました。

http://ginzasoseki.blog122.fc2.com/blog-entry-819.html

ニコライホーフのサース夫人はこれまでにもご来店頂き、当店で
ワイン会をなさって下さっており、ヴィルジニーさんは初めての
ご来店でした。

共に世界を代表するビオディナミの造り手で、江戸前鮓、会席料理と
ご自身のワインのマリアージュの良さをプロの方々にお伝え頂きました。

サース夫人の変わらぬワインへの愛情と優しさ、また、クレ・ド・セラン
で醸造責任者を務めるヴィルジニーさんのワインへのほとばしる情熱が
大変素敵で、魅了された一日でした。

写真5写真6


また、4月の後半にはオーストリアのMORICのRoland Velichさん
が昨年に引き続き再び来店して下さいました。

http://ginzasoseki.blog122.fc2.com/blog-entry-822.html

写真7
写真7-1


今回は一緒に当店で食事をさせて頂き、彼の数々の貴重なワイン
と共に江戸前鮓、料理とのマリアージュを楽しませて頂きました。

ローラントさんをお連れ頂いたヘレンベルガー・ホーフの山野社長
からは本年6月には光栄なことにMORIC賞もいただきました。

http://ginzasoseki.blog122.fc2.com/blog-entry-841.html

当店で常にお出ししているMORICのブラウフレンキッシュに加え、
新年早々からは届いたばかりの白ワイン「ハウスマルケ」
あらため、「Super Natural」をお出しします。


そして6月にはオーストリアワインマーケティング協会にご招待
頂き、ウィーンのホーフブロイ王宮で2年に一度開催される
ワインの国際展示会「VieVinum」に参加いたしました。

写真8

6月末の当店の土曜ワイン会でも帰朝報告をさせて頂きました。

http://ginzasoseki.blog122.fc2.com/blog-entry-842.html

VieVinumの開催期間中には様々ンサイドイベントが開催され、
我々大使たちも、

サロン・テイスティング
写真9
写真10写真11

Premium Estateパーティー(ロイマーのフレッド・ロイマーさんと)
写真12

等に参加しました。

また、これに合わせてこれまでも当店に来て下さったワイナリーを
中心に多数訪問いたしました。

・ニコライホーフ(ヴァッハウ)
・マッハヘルンドゥル(ヴァッハウ)
・マラート(クレムスタール)
・ニグル(クレムスタール)
・ヒルッシュ(カンプタール)
・シュロス・ゴベルスブルク(カンプタール)
・ヴィーニンガー ヌスベルクの畑(ウィーン)
・シュタードルマン(テルメンレギオン)
・ヨハネスホフ・ライニッシュ(テルメンレギオン)
写真13写真14写真15
写真16写真17写真18
写真19写真20写真21

加えて、オーストリア全土からほとんどすべてに造り手が集結
した、VieVinum会場では、

・ピットナウアー(ノイジードラーゼー)
・サットラーホーフ(ズュートシュタイヤーマルク)
・チェルモネッグ(ズュートシュタイヤーマルク)
・MORIC(ローラント・フェリッヒ)(ミッテルブルゲンラント)
・ウヴェ・シーファー(アイゼンベルク)
・グローサーワイン(アイゼンベルク)
・プローダー・ローセンベルグ(シュタイヤーマルク)
・ハーレンホッフ(シュタイヤーマルク)

写真22写真23写真24
写真25写真26
写真27写真28写真29

といったブースで試飲と共に造り手と意見交換をしました。

この訪問では畑を見て、ワイナリーを訪ね、造り手と直接話を
して、ワインを試飲すると造り手一人一人の人柄やその性格が
ワインに反映されているとあらためて感じることとなりました。


7月には、2月に訪問した高橋葡萄園の高橋喜和さんが来店
くださり、ワイン会を開催してくださいました。
オーストリアワイン大使で、オーストリアのワイン学校である
クロスターノイブルク醸造学校を卒業された高橋さんは、
私がオーストリア訪問で感じたことを体現されるように、
高橋さんの温厚なお人柄とその真摯な性格がワインに
非常に良く表れている優しいワインです。
まさに和食に寄り添うワインという言葉がピッタリ。
ワインへの情熱あふれるご説明を美味しいワインとともに
頂きました。

写真30

http://ginzasoseki.blog122.fc2.com/blog-entry-846.html


9月にはオーストリアでスパークリングを専門に造られている
シゲティのHans-Peter Hofmannさんがご来店くださいました。

今回は輸入元を探しに来店されたとのことで、親しみやすい
ものから個性的なものまで、そのバリエーションの広さと、
スパークリングの醸造技術の高さにとても感動いたしました。
ゲヴェルツトラミネール単体のスパークリングなどは、
芳香系のぶどうの個性を生かしつつも瓶内二次発酵のうまみ
も調和させたという素晴らしい逸品でした。

写真31写真32


そして、10月にはオーストリアワイン大使有志が毎年主催する
「オーストリアワイン大試飲会」を3回目として開催し、造り手
として、オーストリアの中でも実力・注目共に高い自然派ワイン
を造られているセップ・ムスター(ズュートシュタイヤーマルク)
とお会いしました。

彼のワインの優しい酒質はどこから来るのかと、その醸造について
深くいろいろとお話を伺いました。

写真33


さらに、造り手ではありませんが、大試飲会の前夜には当店に
オーストリアワイン大使が6名(実際は8名)集結し、江戸前鮓と
オーストリアワインのマリアージュを各大使が競演するという
イベントも行いました。

http://ginzasoseki.blog122.fc2.com/blog-entry-873.html


11月のホイリゲ(新酒)の時には、毎年素晴らしいホイリゲを
造られているツァーヘルのAlexander Zahelさん(ウィーン)が
来日されてお会いしました。

写真34

今年は夏場に雨が多かったり10月に急に秋になって冷え込んだり
という気候で、まさにクール・クライメットらしい味わいの
高い酸味と柑橘系のキリッとした味わいの伝統的なホイリゲと
なっています。

さらに11月にはVinexpo東京が開催され、そのタイミングで
来日された、今年の世界最優秀ソムリエコンクールで優勝された
Jon Arvid Rosengrenさんをオーストリアワイン大使で囲みました。

オーストリアのマイナーな地場品種をブラインドティスティング
させるなど、オーストリアワイン大使の無茶振りにも笑顔で
応えて下さり、バッチリ答えられるというその様子にも一同
盛り上がりました。

写真35
写真36


そして、寒さが厳しくなってきた11月末にはオーストリアの
カンプタールにあるシュロス・ゴベルスブルクの当主である
Michael Moosbruggerさんたちがご来店くださいました。
ミヒャエルことミッヒは来日の度に当店にご来店下さり、
昨年に引き続き今回は3度目のご来店となりました。

今回はワイン会ということではなく、築地市場を見学されたい
とのことで、場内と場外をご案内し、その後当店で一緒に食事
をさせて頂きました。

持参して下さった、彼の造るシュタインセッツのグリューナー・
ヴェルトリーナー、そして、かつての修道士の造り方を紐解いた、
リースリング トラディツィオン 2005を開けて、皆さんで楽しい
ランチをさせて頂きました。

写真37
写真38
写真39


毎度、ミッヒの温厚な人柄と、その細やかな気遣いは日本人の
我々もいつも恐縮しています。そんな彼を体現した懐の深いワイン
の中でもリースリング トラディツィオンなどは、江戸前鮓の
真骨頂である酢〆した鯖、こはだ等の光物との相性が抜群です。


本年も造り手の方が6人もご来店して下さり、また、多数の造り手
にオーストリアと日本でお会いできる機会を頂きました。

江戸前鮓とオーストリアワインをご提供し続ける当店としても、
また、オーストリアワイン大使としても非常に実り多い1年でした。
来る年もまた、江戸前鮓とオーストリアワインの相性を皆様に
お届けできる一年となるよう、努めてまいりたいと思います。


鮓&ワインおーじ

テーマ : 今日の出来事 - ジャンル : ニュース

本日と明日はお席がございます。

年末もおし迫り、本日を入れて残り3日です。

築地市場は買い出しのお客様で大変賑わっており、
年の瀬を感じております。

さて、本日、明日は当店のお席も余裕がございます。

年の瀬のお買い物やお出かけの際などにぜひお気軽にご来店下さいませ。




鮓&ワインおーじ

テーマ : 今日の出来事 - ジャンル : ニュース