野菜の日


8月31日は野菜の日

築地市場にまつわる野菜のお話を。

築地というと、有名なのは魚市場と場外の賑わいですが、
場内には青果市場もあるのをご存知でしょうか。

seimon

こちらの築地市場正門から入って右側のエリアにあります。

6時台から7時台にかけてセリが行われていますが、
その後は仲卸さんに場所が移され、
誰でも野菜や果物を購入する事ができます。

魚市場とは ひと味違う、落ち着いた雰囲気で場内を見れますよ。

築地には行ったことあるけど、青果市場は知らなかった、
という皆さま、ぜひ一度足を運んでみて下さい。

店頭には秋の香りが少しずつ届いてますよ(^^)

(野菜ソムリエ MARO)
スポンサーサイト

利尻島の雲丹(ウニ)も最後です

さて、北海道の利尻島で行われていた「雲丹漁」も終盤を迎えました。
6月から8月までが解禁となっておりましたが、そろそろ終盤に
さしかかります。

rishiriuni-001.jpg

利尻昆布を食べて育った雲丹らしく、濃厚な味わいがあるのですが、
ワインのようにそのテロワールを表現し、爽やかな味わいを醸し出します。

もう残り少ない旬の利尻雲丹の逸品をお楽しみ下さいませ。


鮓%ワインおーじ

テーマ : 美味しいもの - ジャンル : グルメ

やまユ 純米吟醸 美山錦 23BY を入荷しております。

非常に珍しい日本酒をお出ししております。

やまユ 純米吟醸 美山錦 23BY(2011-2012)

yamayu.jpg

この日本酒は秋田の「新政酒造」が作る、新しい試みの日本酒です。

秋田で作られた酒米「美山錦」を100%使った純米酒です。
美山錦は硬質米なのでスッキリした味わいの酒になるのが特徴ですが、
味が鋭すぎるがゆえに、雑味も目立ちやすいという難しさがあります。
この「青やまユ」は難しい点を技術的に抑えながら、シャープさという
魅力を最大限活かそうと醸した酒です。

爽やかな吟醸香が広がり、すっきりとした口当たりと、美山錦特有の
シャープさも感じられ、キレがとても素晴らしく、綺麗な味わいです。
(日本酒度:+2)

新政酒造は「協会六号酵母」という酒造りの酵母として大変に有名な
酵母が見つかった酒蔵です。新政ブランドでは六号酵母でスタンダード
な味わいのロングセラー商品を出しておりますが、「やまユ」では
六号酵母を使いつつ新たな試みを数々しております。

この純米吟醸 美山錦は火入れをしない生酒で季節限定なため、今しか
お召し上がり頂けない貴重品です。

お召し上がり頂いたお客様からは早くも「美味い!!」というお言葉
を皆さまから頂いております。

やまユは徐々にそのブランドが浸透し始め、入手しにくい酒へと
なってきておりますが、壮石では今後も新しい物があればお出し
出来ればと思っております。

酒店の話では、東京では今のところ壮石でしかお召し上がり頂けません。
皆さまのご来店をお待ち致しております。


鮓&ワインおーじ

テーマ : 美味しいもの - ジャンル : グルメ

生筋子が入荷しました

秋の魚は秋刀魚が代名詞と書きましたが、
もう一つ秋の味覚で忘れてはならないのは「生筋子」です。

nama-sujiko.jpg

北海道の秋というと「秋鮭」が上ってくる季節になります。
秋鮭の雌はお腹に沢山の卵を抱えているのですが、それがこの筋子です。

生筋子は鮮度が命ですので、新鮮なうちに取り出し、築地に空輸された物を
当店ですぐに調理しております。

沢山の卵がある房を丁寧にばらし、そして、丁寧に洗った後に、壮石特製の
出汁醤油につけ込んでおります。

素早く、かつ、丁寧に仕事が出来るかどうかが生筋子の味わいを左右します。
青木料理長、小熊の経験があるからこそお出しできる秋の一品です。

塩漬けのいくらとは全く風味の異なる、出汁醤油の繊細な味わいに新鮮な
筋子のプチプチ感と、濃厚な味わいが口いっぱいに広がります。

今だけお召し上がり頂ける生筋子の突き出しの美味をぜひお試し下さいませ。


鮓&ワインおーじ

テーマ : 美味しいもの - ジャンル : グルメ

歌舞伎座のファサードが現れ始めました

kabukiza

来春の竣工に向けて工事が進んでいる歌舞伎座ですが、
1,2階部分の外観が少しずつ現れてきました。

まだカタチだけですが、旧歌舞伎座のフォルムに近いように見えます。
古き良き伝統を残してほしいです。

これからどのような顔になっていくのか、
楽しみに見守っていきたいと思います。

(野菜ソムリエ MARO)