えんがわ

台風上陸以来すっかり肌寒くなり、秋の長雨がやってきたようです。

秋から冬にかけて美味しくなる旬の魚というと「平目」です。
平目からほんの少量だけ取れるのがご存知のように「えんがわ」です。

engawa.jpg


「えんがわ」とは平目のヒレを動かす根元にある身の部分で、泳ぐためにヒレを
動かすため最も活発に使われるところです。そのため、身もコリコリとよくしまり、
その歯ざわりと繊細な甘みの広がる味わいがとても人気のネタです。

平目一匹から取れる量が少ないのでいつでもあるわけではありませんが、
この季節には味わって頂きたい旬のネタです。

今は青森産の平目を入荷しております。
北の荒海でもまれた本物のえんがわを是非お楽しみくださいませ。


鮓&ワインおーじ
スポンサーサイト

テーマ : お寿司 - ジャンル : グルメ

キメの細かい中トロ

ひとくちに「中トロ」と言っても、いろいろな種類、部位、産地が
あるようです。

写真のマグロは、アイルランドのものらしいのですが、キメが細かくて、
脂の粒が小さいのが舌でわかります。

ireland

まさに「溶ける」という表現がぴったり。

紅林店長のゴッドハンドによる、柔らかで繊細なシャリが
ほろほろと崩れるのに合わせて、マグロがとろとろとお米の
一粒一粒にからみつくようです。


ネタは毎日の仕入れ次第ですので、その日その日で最高のものを
ご用意しています。気軽に聞いてみてください。

(用心棒 おぐ)

FOOD ACTION NIPPON推進パートナーに認定されました

以前、こちらのブログでも話題に挙げたことがあります
FOOD ACTION NIPPON

http://syokuryo.jp/index.html

日本の食料自給率を上げよう、という試みをしている団体ですが、
銀座壮石もその推進パートナーの仲間入りをしました。

日本の良き食材、食文化を皆さまにお楽しみ頂けるよう、
スタッフ一同、がんばって参ります。

これからも、どうぞ宜しくお願い致します。

FAN

(野菜ソムリエ MARO)

「海のフォアグラ」登場!

東京も、いきなり晩夏と初秋を飛ばして、
寒いくらいのこの頃となりました。

こういうときは旬を先取り、
銀座壮石店長厳選、
青森八戸産のアンキモが入荷しました。

ankimo-1.jpg


アンコウは80%が水分の、淡白な白身の深海魚ですが、
キモだけは脂質が高く、
ビタミンA(レチノール)、ビタミンB12、ビタミンDが豊富に含まれていて、
肌の健康維持、老化防止などに良いとされています。

品切れ必至、お早めにお越し下さいませ。

(まーぼーデラックス)

トロ

壮石のマグロには、いろんな種類があります。それを、赤身
中トロ大トロと、ざっくりと分類しますが、一口に中トロと
言っても、脂のノリ具合で、赤身に近いものから、もう大トロ
と言ってもいいくらいのものまで、いろいろです。

あんまり脂ののったトロをいただくと、1カンで充分な気も
しますし、さらりとしたトロは、つい「もう1つ」と手が伸びます。

仕入れによっては、いろんな味が楽しめるネタでもあります、
是非店長に「今日のマグロはどんな?」と聞いてみてください。

思いがけずに、新しい味に出会えるカモ!?

(用心棒 おぐ)