fc2ブログ

ご予約をお待ちしております

ダイナースクラブカード会員誌「SIGNATURE」に掲載されてから、
お問い合わせやご予約、ご来店をいただいております。
ありがとうございます。

ご来店の際は、是非ともご予約いただけますと、スタッフの方も
準備や仕込みに時間をかけられます。

ここのところ、満席ということもありますので、お早めのご予約を
お待ちしております。

(用心棒 おぐ)

ダイナースクラブカード会員誌「SIGNATURE」に掲載されました

ダイナースクラブカード会員の方に送付される会員誌「SIGNATURE」最新号(51号)
に当店が掲載されました。

http://www.diners.co.jp/onedish/vol51.html

毛蟹甲羅揚げをはじめとした料理と店長の写真、そして紹介文が掲載されております。

上記URLからもご覧頂けますので、是非ご覧下さいませ。

ワイン東京2010

壮石ではワインも品揃えを充実させております。料理の旨味を引き立てるものを
ということで厳選をしております。

先日、数十社の有力なワイン輸入元が一同に介した展示会「Wine Tokyo 2010」
が開かれましたので、店の者も情報を仕入れるため参加いたしました。

IMG_0606.jpg  IMG_0603.jpg

会場はもの凄い人出で、各輸入元が自慢のワインを持ち寄ってティスティングを
勧めていました。いずれのワインも素晴らしい物で非常に美味しいワインばかりでした。

当店がいつもお世話になっている輸入元Vortexの高橋さん、立野さんにご挨拶を
差し上げました。

IMG_0602.jpg

Vortexさんからは当店で人気のThree trees(スリーツリーズ)を仕入れて
おります。

TT1.jpg

会場ではスリーツリーズ以外にも、同じ生産者がつくる「matassa.(マタッサ)」なども
ご紹介を頂きました。

スリーツリーズやマタッサの生産者であるトム・ルッブは南フランスのルーション地方
でワイン作りをしており、南仏では伝説的なワイナリーとして有名です。

トムは土壌と気候に合うブドウ品種は何かということを調べるために、かつて土地に
植えられていたブドウ品種を紐解き、土地に合う最善のブドウを選択するという手法
を取っています。

一般的なワイナリーであれば世界的に人気のある品種を土地に植えたがるものですが、
トムによるとワインとはそういうものではなく、土地で歴史的に育てられていたもの
は何か、何が最良なのかということありきだと考えるそうです。

また醸造方法にもこだわりがあり、すべて自然発酵を促してブドウを生かすように
ワインを作り出しています。人の作りたいように仕向けるのではなく、ブドウの良さ
を最大限に引き出すように作るそうです。

よって、スリーツリーズはフレッシュでしなやか、風味豊かでありながらもアルコー
ル度数は低めのワインと仕上がっているのです。赤であればグルナッシュとカリニャン
、白であればマカブーとロールの良さを最大限引き出しているのです。

そのような自然な作り方と土地に合うブドウを選択しているからこそ、土壌や気候の
風味をワインに感じることもできます。このようなワインはなかなか出会うことが
できません。(テロワールを表現しているとよく言われます。)

自然であるからこそ主張しすぎず、鮓や料理にも非常によく合うのだと思います。
壮石にお越しの際は是非、スリーツリーズを一度お試し下さい。

また、展示会で試したマタッサも非常に素晴らしいワインでしたので、今後、仕入れ
を検討してみたいと思います。

店長の誕生祝い

今月誕生日を迎えた紅林店長のお祝い

甘いモノが大好きな店長。
ホールケーキを用意して、皆でお祝いしました。
ハッピーバースデー

cake

こちらは店長がケーキを切る貴重なショット。
誕生日の本人に切ってもらうのもどうかと思いますが(^^;

cakecut

これからも体に気を付けて頑張ってね(^^)

(野菜ソムリエ MARO)

いなりずし

 いなりずしから、何を連想しますでしょうか。

 まずは、「キツネ」。
 稲荷神の使途がキツネという俗信があり、
 そのキツネの好物が油揚げであるという言い伝えから、
 その名がついたそうです。

 次に、「名古屋」。
 最も古くから作っていた地域が、
 名古屋と言われています。

 そして、「篠田/信田/しのだ」。
 いなりずしは、しのだずし、とも呼ばれます。
 何故、そう呼ばれているのかには諸説がありますが、
 大阪府和泉市の信田の森の、
 キツネの説話(キツネの恩返しの話)に基づいたものが有名です。

 ある世代には、「セブンイレブン」。
 1995年のヒットCM。けいこさんが夜中に食欲と関係なく、
 いなりずしが食べたくなると言う、
 エキセントリックな内容でした。 

 最後に、「銀座壮石」。
 業後、店舗メンバーには、時折店長がいなりずしを振舞います。
 もちろん、店のメニューにはございませんが、
 バックヤードの緊張がほぐれる瞬間に、似合う賄いモノです。

(まーぼー デラックス)

続きを読む »