季節の肴:夏の名残りと秋の先駆け

夏も終盤に差し掛かり、料理も夏の名残りと、秋の先駆けが
楽しめる季節となっております。

酒の肴として当店でお出ししている料理も両方が楽しめます。

◇ 鱧のたたき

夏に旬を迎える鱧(はも)も名残りとなってまいりました。
この日は淡路産の活けの鱧を用いて、皮目を炙って、
たたきをお出ししました。
お好みに合わせて洗いもお出ししております。

20170831-002.jpg


◇ 生筋子の特製醤油漬け

秋鮭から取り出した生の筋子を丁寧にお湯で洗ったりと
丹念に下ごしらえをしたのち、特製の出汁醤油へ漬け
込んだ一品です。生筋子のプチプチとした食感と甘みが
出汁醤油で引き立てられた酒の肴です。

20170831-001.jpg


◇ のど黒の焼物

脂の乗ったのど黒を開きにしたものの焼物です。
皮目をパリッと、身は脂が滴りつつ、ほっくりと焼き上げます。

20170831-003.jpg


夏の名残りと秋の先駆けの味覚をぜひお楽しみください。


鮓&ワインおーじ
スポンサーサイト

テーマ : 美味しいもの - ジャンル : グルメ

秋の気配

暦の上では立秋を過ぎ「秋の気立つ」はずですが、
東京銀座に秋の気配なく猛暑が続いております。

この折、愛知県産の新銀杏を準備しました。
通常は9月から出回る銀杏ですが、
走りの品で秋の気配を感じて頂けますと幸甚です。

なお銀座壮石は、明日8/11から8/15までお盆休みを頂戴します。
8/16から通常営業いたします。

人恋へば枝にびつしり青ぎんなん  柳生千枝子

20170810ginnan.jpg

明日は二十四節気の芒種(ぼうしゅ)です。
種まきの季節であり、また、梅雨を呼ぶ季節でもあります。

この季節に一番おいしくなる魚といえば、鮎(あゆ)です。
和歌山産の品を、丁寧に塩で焼いております。
旬のこの季節だけの逸品でございます。

170606Ayu-001.jpg

焼きたての鮎の塩焼きに、
オーストリアのグリューナー・ヴェルトリーナーの白ワイン、
もしくは、「ゆきの美人」や「本荘」などの純米酒と合わせる
と格別です。

ぜひ、ご賞味くださいませ。


焼き鮎に箸を短く使ひけり 山田六甲
口元のきりりと鮎の焼かれけり 宮原みさを
あゆでーす。 浜崎あゆみ

冬のなごり

本日は啓蟄(けいちつ)、
冬ごもりの虫が顔を出す頃、
春の季語でもございます。

新潟から仕入れたあん肝に、
丹誠を込めて仕事をいたしました。
濃厚な甘みで、
去りゆく冬の旬をご堪能いただけます。
ankimo_20170305.jpg

啓蟄の銀座・赤坂土を見ず  松崎鉄之介

子持ち柳鰈(やなぎかれい)の若狭焼

粉雪も舞う寒い東京ですが、昨日20日の大寒を過ぎ、次はいよいよ春、立春へと向かいます。
この季節のお勧めが、山口産の子持ち柳鰈(やなぎかれい)です。
最も多く子が入っている旬の柳鰈を、うろこがついたまま、こんがりと丁寧に焼き上げました。

yanagi_karei_20170119.jpg

寒鰈箸こまやかに食ふべけり  草間時彦