fc2ブログ

土曜ランチワイン会(9/13)を行いました。

先日、9月13日に毎月恒例の土曜日ランチワイン会を開催いたしました。

今回は、8月末に私がオーストリアワイン大使(ゴールド賞)の副賞として
研修で訪問したオーストリアの注目すべき産地から持ち帰ったワイン
中心に行いました。

第35回
「オーストリアワイン大使による今注目のオーストリアワイン

今回お出ししたワインは下になります。
20140913wine.jpg

左から、
 1) Familie Menhard Frizznate Isabelle NV
 2) Sattlerhof Gelber Muskateller Klassik 2013
 3) Hareter Thomas Chardonnay ohne 2012
 4) Muhr-van der Niepoort Carnuntum 2009

あわせて、お料理は下記をお出ししました。
 ・生筋子の特製だし醤油漬け
 ・季節の炊き合わせ
 ・江戸前盛り合わせ

1),3)は研修にて訪問したワイナリーのワインで、畑を見て、醸造のお話をお聞きしたうえで
試飲し、感銘を受けたものです。

今回の研修では今後注目の産地ということで、カルヌントゥム、ノイジードラーゼー、
ライタベアグ、南シュタイヤーマルク、西シュタイヤーマルクといった地域を巡りました。

1)はノイジードラーゼー、2),3)は南シュタイヤーマルク、4)はカルヌントゥムのワインです。

それぞれのワインと料理の相性を自分の実感とお客様のご感想を合せると、
次のようでした。

・生筋子のだし醤油漬け × 1) Menhardのイザベラ フリザンテ
2013namasujiko.jpg

 私はこの品種を始めて飲んだのですが、イサベラというラブルスカとのハイブリッド品種を
100%使ったスパークリングワインです。ベリー系のチャーミングな風味が生筋子ととてもマッチ
していました。鮮度の良い生筋子と綺麗な酸味も調和し、ワインの軽い甘みがまた良いのだと
思います。このワインは寿司全般とも相性良く、オールマイティだというご意見もございました。


・季節の炊き合わせ × 3) HareterのノンSO2のシャルドネ
komochiayu-001_20121004231335.jpg

 この日の炊合せは子持ち鮎甘露煮、石川芋、はす、おくらをお出ししました。
HareterさんのノンSO2のシャルドネは素晴らしいワインで、皆様に褒めて頂きました。
時間を置くと熟成を経た柔らかなコート・ド・ボーヌの1er Cru以上の白ワインの様な感じでした。
炊き合わせの軽い甘みのある出汁とワインの苦味と旨味は納得の相性で、
特に鮎の甘露煮と石川芋とがワインと抜群の組み合わせとのことでした。


・平目の握り × 2) サットラーホーフのゲルバームスカテラー

 南シュタイヤーマルクのゲルバームスカテラーと繊細な白身を山葵で握ったは、
マスカット種であることがよくわかる気品ある高い香りと山葵の風味がよく合い、
かつ、香りとは裏腹に辛口で綺麗な高い酸味と苦味を感じるうまみの成分が平目の
味わいとよくマッチしていました。


・穴子の握り × 4) ムア・ニーポートのブラウフレンキッシュ

 煮詰めを乗せた煮穴子との相性にお客様が驚かれておりました。
煮詰めの甘さと穴子の脂が乗った感じはムア・ニーポートが主導したエレガントな
赤ワインに非常によく合いました。使われている地ブドウのブラウフレンキッシュ種から
タンニンの抽出を軽くし、かつ、カルヌントゥム東部特有の石灰岩土壌と寒暖差の激しい
気候により生み出された綺麗で高い酸とミネラルが穴子の味わいと対極にあることで、
相性がよかったのだと思います。


今回はたくさんのお客様にお申し込みを頂き、オーストリアの現地で得た最新情報への
興味を持っていただけましたので、また、11月に現地からのワインを交えた会を行いたく
考えております。

次回以降の予定は下記となっております。


◆ 9月27日(土)<満員となっております。申し訳ございません>
 第36回 「カナダの銘醸地:オンタリオ州のワインの魅力」


 カナダの中でも特に注目されるワイン銘醸地のオンタリオ州。
 土壌や気候、ブドウ品種の味わいを素直に表現したオンタリオ州のワインと
 江戸前、会席料理との相性をカナダワインの専門インポーターであす、
 ヘブンリー・ヴァインズの小串麻由さんとともに楽しみましょう。


◆ 10月25日(土)
 第37回 「理性と官能の共存 ドイツの世界」


 ドイツワインのイメージは甘口でしょうか?いえいえ、世界でのイメージは違います。
 素晴らしい辛口の泡、白、赤が産出される国、それがドイツです。
 シャープで理性的なスタイルと官能的で優美なスタイルが共存する国。
 専門インポーターを迎え、当日の料理に合わせてドイツの世界を紹介いたします。
 ヘレンベルガー・ホーフの宮本駿さんをお迎えしてプレゼンして頂きます。


◆ 11月22日(土)
 第38回 「オーストリアワイン大使による今注目のオーストリアワイン(その2)」


 9月にご好評でした、オーストリアでの研修にて今注目のワインを披露する
 2回目の会を行います。2014年オーストリアワイン大使に任命された小生が、
 8月末にオーストリアのワイン産地へ研修へ行った際、見て、聞いて、飲んで
 学んだオーストリアワイン事情と今注目のワインをお出しいたします。


◆ 12月20日(土)
 第39回 「スパークリング協奏曲 年末編」


 毎度ご好評を頂いているスパークリングの会。楽しい日が多くなる年末年始
 はますます飲みたくなるかと思います。今のシーズンにお勧めする
 スパークリングを取り揃えて飲み比べましょう。


各回ともに、
定員 12名
日時 12:00~14:00
会費 6,000円(税込)
内容 グラスワイン(4~5種)、旬の料理、握り、茶碗蒸し、椀物

担当 岡田 壮右<当店ワイン担当>
2014年オーストリアワイン大使(ゴールド賞)
WSET (The Wine & Spirit Education Trust(英))認定
International Higher Certification
、和食とワインの最高のマリアージュ」を感じて頂く、
ワインリスト作りやワインイベントを担当。
築地の老舗寿司店 「寿司岩」の創業者が祖父。

<ワイン会キャンセルポリシー>
キャンセルは前日までにお願い申し上げます。
当日キャンセルの場合はお代を頂戴いたしておりますので、
ご了承頂きたく存じます。


&ワインおーじ

テーマ : ワイン - ジャンル : グルメ

Tag : 銀座ワイン寿司懐石料理

オーストリアへワイン研修へ行ってまいります

先日このブログでもご報告させて頂きましたが、小生が4月10日に
「2014年度 オ-ストリアワイン大使(ゴールド賞)」を拝命いたしました。

http://www.sommelier.jp/honbu/article/102883/

そのゴールド賞の副賞として頂いた、オーストリアへのワイン研修へ明日より行ってまいります。

オーストリアワイン大使の主催であるオーストリアワインマーケティング協会、
オーストリア大使館商務部によるご招待です。

最新のオーストリアワイン注目産地を巡る研修コースとなっております。
どのような産地、どのような生産者と出会い、そして、素晴らしいワインとの
出会いがあるか大変楽しみです。

9月13日開催予定の土曜ランチワイン会
「オーストリアワイン大使による今注目のオーストリアワイン」
にて現地での情報と
注目のワインを披露させて頂きたく存じます。
http://www.nishitani-sushi.com/winelunch.html

この会は現在、満員のご予約を頂いておりますので、年末までに第二弾も開催させて頂く
予定ですので、そちらもぜひお楽しみにして頂ければと思います(11月ごろ予定)。

それでは、現地の情報をまたこのブログにて報告させて頂きます。


&ワインおーじ

テーマ : ワイン - ジャンル : グルメ

Tag : ワイン銀座寿司すし

土曜ランチワイン会の様子(2~4月)

このところアップデートが滞っておりますが、土曜日のランチタイムに行っているワイン会

「ワインと鮓の『い・ろ・は』」
http://www.nishitani-sushi.com/winelunch.html

の様子をご紹介したいと思います。

スタートしてから早や3年が経過し、先月で31回を数えるワイン会となりました。
ワイン好きの方、ワイン初心者の方にと始めたこのワイン会も、マニアックな飲み比べから、
世界の魅力あふれるワインを楽しく飲み比べるというテーマまで、お客様のニーズにお応えする
かたちでテーマを展開してまいりました。

また、当店ではオーストリアワイン×江戸前鮓・会席料理というコンセプトを持っており、
オーストリアワインを楽しんで頂ける店ということで、特にワイン会にも必然的にオーストリアを
扱うことが多くなっております。もちろん、先日このブログでご紹介させて頂いた、
小生がオーストリアワイン大使であることとも大きな理由の一つです。


それでは今年の2月から4月までの様子を少しご紹介したいと思います。


2月22日は「オーストリアが誇る世界品質の赤」というテーマで、
オーストリアを代表する3種類のブドウ品種を飲み比べて頂きました。

Austria red 140222
左から、
・シュロス・ゴベルスブルク ツヴァイゲルト ハイデ 2009
・ピットナウアー ザンクト・ラウレント ドーフラーゲン 2012
・ムア・ファン・デア・ニーポート カルヌントゥム 2009
・モリッツ ブラウフレンキッシュ ブルゲンラント 2011

一番左のワインはオーストリアで最も多く栽培されている黒ブドウ「ツヴァイゲルト」、
左から二番目がフランスのブルゴーニュの品種と親戚関係にある「ザンクト・ラウレント」、
そして、右側2種類がオーストリアを代表する黒ブドウ「ブラウフレンキッシュ」のワインです。

当店では常に右の2種類をお出ししており、右から2番目のムア・ファン・デア・ニーポートの
カルヌントゥムは、栽培されている地域(カルヌントゥム)が石灰質土壌であることから、
硬さのあるミネラル感(石のような風味)が華やかに表れます。また、オーストリアにおいて、
夏と冬および、日中と夜間の温度差が最も激しい内陸性気候の土地であることから、
最初の香りに涼しげなミントや芝生のような香りがありつつ、口に含むと高い酸味と
後味に熟成感を感じることから、本マグロのヅケに柚子を振ったものとの相性が
とても良いワインとなっています。

また、右端のモリッツ ブラウフレンキッシュ ブルゲンラントは、オーストリアでモダンな
ブラウフレンキッシュのワインを作った先駆けで、孤高の天才といわれるローラント・フェリッヒ氏
の作るワインです。このワインに使われている木は若木のため、熟成感などは同じ作り手の
上級クラスに比べると少ないですが、非常に色気のあるワインになっています。
赤系の果実に軽く黒系果実の風味が混じり、かつ、なめし皮や紅茶のような香りも軽く出ており、
余韻が非常に長い素晴らしいワインです。脂の乗った中トロや、また、料理では甘辛く味付けた、
脂ののったキンキの煮つけなどと合わせると最高の相性を見せます。

オーストリアは以前より世界最高レベルの白ワインを造る産地であると世界的に認知されて
おりましたが、最近では赤ワインも素晴らしく、世界が注目する産地となっています。
この日にお出ししたワインはいずれも魅力的でお客様にもその素晴らしさを感じて頂けたようでした。


3月22日は「陽春を祝うスパークリング協奏曲」ということで、
世界各地の魅力あふれるスパークリングワインを飲み比べて頂きました。
当店でも特に人気のあるテーマになっています。

sparkling 140322-001
左から
・ブルー・マウンテン ブリュット・ゴールドラベル NV
・アンリ・ビリオ グランクリュ・アンボネイ・キュヴェ・トラディション NV
・フェルゲッティーナ フランチャラコルタ ブリュット NV

sparkling 140322-002
左から
・ライテラー シルヒャー・フリツァンテ 2011
・ポール・ショレ クレマン・ド・ブルゴーニュ ブリュット ロゼ NV

フランスからは、泡の代表と言えばということでシャンパーニュ、
そして、フランスにはシャンパーニュ以外にも泡があるということで
クレマン・ド・ブルゴーニュ(ブルゴーニュ地方で作られるスパークリングワイン)
をご紹介しました。

また、イタリアを代表する泡として、シャンパーニュと同じように瓶内二次発酵
によって作られる伝統的ワインのフランチャラコルタをお出ししました。

そして、新進気鋭のワイン産地としてカナダ ブリティッシュコロンビア州から
素晴らしい瓶内二次発酵の泡が最近輸入されたのでご紹介し、オーストリアからは
代表する泡であるシルヒャー・フリツァンテをお出ししました。

シャンパーニュはその酸味、泡の繊細さや余韻の長さ、また、リザーブワインの
使いようによる熟成感など、素晴らしいスパークリングワインでありますが、
世界各国には素晴らしいスパークリングワインがあることをこの会ではご紹介
させて頂いています。

特にこの会では、暑い日の最初の一杯に最適なオーストリアのシルヒャー・
フリツァンテの旨味、イタリアンの店でも注文することのがほとんど無い、
フランチャラコルタの美味しさ、そして、カナダの新進気鋭のスパークリングの
完成度の高さにお客様が驚かれていたのが印象的でした。


先月、4月19日はオーストリアワイン大使に就任して最初のワイン会ということで、
特にオーストリアにフォーカスし、
「オーストリア vs. フランス 白の決戦 in 銀座」
というテーマで行いました。

Austria-France 140419
左から
・ジャン・コレ シャヴリ・プルミエクリュ・モンマン 2010
・ヴィーニンガー ウィーナーゲミシュターサッツ・ヌスベルク・アルテレーベン 2011
・ドメーヌ・シュルンベルガー リースリング グランクリュ・サエリング 2008
・マッハヘルンドゥル リースリング アルテレーベン イン・ヤン NV
・ドメーヌ・デニス・ドゥヴルデュー クロ・フロリデーヌ 2010
・サットラーホーフ ソーヴィニヨン・ブラン クラシーク 2011

この日は2種類ずつ3フライトで飲み比べて頂きました。
第1フライト:ソーヴィニヨン・ブラン対決(写真:右端と右から2番目)
第2フライト:リースリング対決(写真:右から3番目と4番目)
第3フライト:石灰質土壌対決(写真:左端と左から2番目)

フランスは、ソーヴィニヨン・ブランを代表する産地のボルドー、
リースリングの銘醸地アルザスの特級畑、そして、石灰質の最たる土壌である
キンメリジャン土壌のシャヴリをお出ししました。

ワイン単品でフランスとオーストリアを飲み比べて頂くと、
特にボルドーなどではワイン単品が非常に美味しいと感じて頂きました。
一方、江戸前鮓や会席料理とワインを合わせて頂くと、オーストリアワインは
料理の旨味を引き立て、食中酒として飲むのに最適とのお声を多数頂きました。

鮓や料理の味わいを生かして旨味を引き立てるという観点で、
当店ではオーストリアをお出ししています。まさにその点を感じて頂けた会と
なりました。

特にお客様からは、
・ヴィーニンガー ウィーナーゲミシュターサッツ・ヌスベルク・アルテレーベン 2011
・マッハヘルンドゥル リースリング アルテレーベン イン・ヤン NV
が美味しかったとのお声を頂きました。


このような形で2月~4月の土曜ランチワイン会を行ってまいりました。

今月、来月も下記のテーマで開催させて頂きます。

◆ 5月24日(土)
第32回「土の味わい? 土壌の違いを飲み比べてみよう」

人も環境で性格が変わるように、ブドウも育っている畑の環境で味が異なってきます。
ブドウが育っている土(土壌)の違いをワインの味わいで感じ取りましょう。
同じ種類のブドウでも違うのかと驚かれるはずです。

◆ 6月21日(土)
第33回「スパークリング協奏曲 初夏編」

特にご好評を頂いております、スパークリングの飲み比べを初夏にも行わせて頂きます。
6月末になり少し汗ばむ気候となります。
そんな季節にピッタリのスパークリングワインを取り揃えて、皆さんで飲み比べましょう。

http://www.nishitani-sushi.com/winelunch.html
https://www.facebook.com/GINZASOUSEKI


すでに6月は満席のご予約を頂戴し、5月も残り1席となっております。
7月以降も毎月開催してまります、店内、ホームページ、Facebook、当ブログ、
メルマガでご案内差し上げますので、ぜひご覧いただき、お気軽にご参加頂ければと思います。

メルマガでのご案内が必要な方は当店まで(info@nishitani-sushi.com)ご連絡いただければ幸いです。
また、Facebookでのご案内でしたら、上記の当店ページで「いいね!」をお願いいたします。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

鮓&ワインおーじ

テーマ : ワイン - ジャンル : グルメ

11月の新酒

冬至まであと1ヶ月を切りまして、
今年ももうすぐ年の瀬を迎えます。

11月のこの時期、
風物詩といえば、やはりボジョレー・ヌーボー。
今年の解禁日、第三木曜日は11月21日でした。

壮石店では、ワンランク上の「ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーボー(ルイ・ジャド ボジョレー・ヴィラージュ・プリムール 2013)」を用意しました。
“ヴィラージュ”は“村”の意で、ボジョレー地区の中で上質なワインを産出するほんの一部の地域に許可された名称です。
またルイ・ジャドは畑を大切にする作り手(ワイナリー)で、ヌーボー(=“プリムール”は“初物”の意)でも大量生産はせずに限定した畑のものだけを使っています。

BeaujolaisVillagesPrimeur2013.jpeg

そしてオーストリアの新酒「ホイリゲ」も、若干ですがございます。
こちらは11月11日が解禁日ですので、フランスより一足早く、楽しめています。

前者には、蛸の桜煮、キンキの煮つけ、煮ツメを乗せた穴子の鮓。
後者には、旬の野菜の炊き合わせ、柑橘と塩で合わせた平目など淡白な白身や旬の生蛸の刺身。
これらとの相性がとても宜しいです。

この時期限定の、
和洋の融合でございます。

(まーぼー)

テーマ : ワイン - ジャンル : グルメ

美味しい日本酒が入荷しております。

美味しい日本酒が各種届いております。

壮石ではオーストリアワインと並んで、素晴らしい日本酒の数々も
お出ししております。すべて信頼している秋田の酒店より厳選したものを
入荷して頂いております。


本荘 中取り純米吟醸(齋彌酒造店/秋田県)

honjyo.jpg

稀代の名人「高橋藤一杜氏」が秋田で限定醸造する酒。
爽やかな白い花のような香りと軽い喉越し、余韻にほのかに酸味を感じる
バランスの良さ。今週より火入れをした一品をお出ししております。


上喜元 完全発酵 超辛純米吟醸(酒田酒造/山形県)

jyoukigen.jpg

使われている米は「五百万石」で、50%まで磨き上げた超辛純米吟醸。
超辛ではありますが、ただ辛いだけではなく、米のうま味と芳醇な香りがあり、
滑らかで飲みやすく、後味もすっきりとしており、キレの良いお酒です。
後引く美味しさがあります。


ゆきの美人 完全発酵 辛口純米(秋田醸造/秋田県)

yukinobijin.jpg


使われている米は、山形県の「出羽の里」で、大粒で味わいの良い
この米の旨味を表現するために選んだものと思われます。
辛いだけでなく、さっぱりとした味わいの中に米の旨みがしっかりとあり、
酸もきちんとあり、キレの良い後味の滋味深い味わいです。


鮓、会席料理と主にぜひご賞味ください。


鮓&ワインおーじ

テーマ : 日本酒 - ジャンル : グルメ