旬のネタ

旬のネタもあたり変わってきております。

本鮪中トロを皮霜にしたものをヅケにしたもの。


梅雨を間近に控えて鰯が美味しくなっております。


初鰹のタタキを赤鮓のシャリで。


明石の真鯛に昆布パウダーと塩で。


などなど、旬のネタを取り揃えてお待ち申し上げてあります。


鮓&ワインおーじ
スポンサーサイト

テーマ : 美味しいもの - ジャンル : グルメ

季節のネタが豊富です

GWも終わり、だいぶ暖かくなってまいりました。

築地は初夏のネタが多数入ってきております。

今のおすすめは、

江戸前の富津産の鱚


皮目を湯引きし、ヒマラヤ岩塩を少々乗せております。

うま味と甘みのある生とり貝(三重県産)



脂が適度に乗った銚子の金目鯛を塩で




鹿児島の出水で上がった春子鯛の昆布〆



そして、北海道のムラサキウニ




ウニの主食である昆布をパウダーにしたものを少し振りかけて、うま味とミネラルがさらに増しています。


ぜひ、初夏の美味しいネタをご賞味くださいませ。


鮓&ワインおーじ

テーマ : 美味しいもの - ジャンル : グルメ

春の魚

sagoti_20170318.jpg

魚編に春で、鰆(サワラ)になります。
そのサワラの幼魚・サゴチを、
富山の氷見から入荷しました。

酢締めの後に、皮目をたたきにして、
鮨、刺身でご提供差し上げます。
春の魚らしい、さわやかな味わいです。

明後日の春分を過ぎますと、
銀座壮石も8回目の誕生日を迎えます。
日頃からご贔屓頂いている皆様方に、
一同より心から感謝申し上げます。

鰆とは知らずに食べてをりにけり 稲畑汀子

カマスの炙り握り

1月も早半ば、来週20日は大寒でございます。

寒さが最も厳しくなるこの頃に、
旬を迎えるのが魳(カマス)です。
銀座壮石では三重の品を準備致しました。

この時期は特に大きく脂のノリも宜しいため、
さっと炙って塩やスダチでご提供差し上げます。

ちなみに、ダイバー憧れのバラクーダもカマスの仲間です。

20170114kamasu_aburi.jpg

大寒の日より展けてゆく未来 稲畑汀子

冬の鱸(すずき)

ハロウィンも明けた昨日、東京は12月上旬の気候となりました。
そして今週11/7は立冬、いよいよ冬の気配が現われてくる時期でございます。

今回のお勧めは三重県から入荷した平鱸(ひらすずき)です。
夏が旬の鱸とは異なり、寒い時期に旬を迎えます。
入荷量も少なく、まさに今だけの逸品です。
程よい脂とコリっとした食感が楽しめます。

如何様に捌かるるとも鱸かな 碇天牛

hira_suzuki_20161103.jpg