FC2ブログ

当店の本がAmazonでも購入頂けるようになりました

先日、当ブログでもご案内させて頂きました、当店が出版した
オーストリアワイン、江戸前鮓と会席料理 銀座壮石
がAmazonでもご購入いただけるようになりました。


表紙

Amazon販売ページ:
https://www.amazon.co.jp/dp/4797630043/ref=cm_sw_r_cp_api_fYgYBb0NSPYVF

もしよろしければ上記よりぜひお求め頂ければ幸いです。

また、当店にて直接のご購入、もしくはお電話やメールで
オーダーを頂ければ郵送にて購入し頂くことも可能ですので、
お気軽にお申しつけ頂ければ幸いです。

電話: 03-6228-4659
E-mail: info@nishitani-sushi.com

どうぞよろしくお願いいたします。

wine book002
甲羅揚げ


鮓&ワインおーじ
スポンサーサイト

テーマ : ワイン - ジャンル : グルメ

霜降を前にしての味覚

週明けの10月23日あたりは二十四節気で「霜降(そうこう)」とのこと。
露が冷気によって霜となって降り始めるころで、
紅葉もし始める頃と言われています。

さて、食欲の秋とも言われるように、秋も深まってきて
食材が豊富に市場に出ております。

料理長の青木も毎日、築地場外市場に仕入れに行っております。

181019aoki_matsutake.jpg


仕入れた秋の味覚を生かして、この時期ならではの料理を
お出ししております。

2017dobinmushi
2017ayu kanroni

松茸土瓶蒸し、子持ち鮎の甘露煮などをはじめ、
旬のお料理をぜひお召し上がりください。


鮓&ワインおーじ

テーマ : 美味しいもの - ジャンル : グルメ

土曜ランチワイン会鮓とワインの「い・ろ・は」(10-12月)のご案内

「ワインを飲み比べたいけど機会がない」、
「味の違いを知りたい」といったお声にお応えする
ワイン会です。鮓と料理も召し上がって頂きながら
ワインとの相性もお楽しみください。

http://www.nishitani-sushi.com/winelunch.html

◆ 10月27日(土)
 *)日程を20日より変更させて頂きました。
第84回 「深まる秋、オーストリアの赤の飲み比べとフードペアリング」

 秋は食欲の秋、食材も滋味が溢れ、うま味も乗ってきます。
オーストリアは近年、赤ワインの生産量も増え注目されています。
岡田がVieVinum等で現地より持ち帰ったものも含めて、品種や産地
の異なる赤を飲み比べ、さらに、料理、鮓のフードペアリングで
その魅力を探りましょう。

◆ 11月17日(土)
第85回 「リースリング銀座決戦:ドイツvs.オーストリア」

 皆さんのお好きなリースリングどちらか。ドイツとオーストリア、
まったく個性の異なる2か国のリースリングをここ銀座で対戦させます。
極上のドイツワインを輸入するヘレンベルガー・ホーフの宮本さんと、
当店でオーストリアワイン大使の岡田がそれぞれのワインをご紹介します。

◆ 12月22日(土)
第86回 「スパークリング協奏曲 年末篇」


 毎度年末にご好評を頂いているスパークリングの会。
師走も押し迫り、ますます飲まれる機会も増えるかと思います。
年末年始にピッタリの今お勧めするスパークリングを取り揃えて
皆様で楽しみましょう。
*)増席させて頂きましたが、満席でキャンセル待ちを承っております(10/17現在)


定員 14名(ご予約状況により増席させていただくこともございます)
日時 12:00~14:00
会費 7,000円(税込)
内容 グラスワイン(4-5種程度)、旬の料理、握り鮓、茶碗蒸し、椀物

【解説】
11月:宮本 駿
ドイツとオーストリアのトップ生産者を多数扱うインポーター
「ヘレンベルガー・ホーフ」にて営業担当として、心底ドイツと
オーストリアにほれ込み、普及に日々邁進するゲルマン民族ワインの
プロフェッショナル。

10-12月:岡田 壮右<当店ワイン担当>
AWMB認定 オーストリアワイン大使(ゴールド賞)
WSET (The Wine & Spirit Education Trust(英))認定
Level3 Wines and Spirits
「鮓、和食とワインの最高のマリアージュ」を感じて頂く、
ワインリスト作りやワインイベントを担当。
築地の老舗寿司店 「寿司岩」の創業者が祖父。
著書に「オーストリアワインと江戸前鮓、会席料理 銀座壮石」


お申し込みは、メール、お電話にて承っております。
電話 03-6228-4659
メール info@nishitani-sushi.com

楽しい会となっておりますので、お気軽にご参加頂ければ
と存じます。ご参加を心よりお待ち申し上げております。

<ワイン会キャンセルポリシー>
キャンセルは前日までにお願い申し上げます。
当日キャンセルの場合はお代を頂戴いたしておりますので、
ご了承頂きたく存じます。

テーマ : ワイン - ジャンル : グルメ

「オーストリアワイン、江戸前鮓と会席料理 銀座壮石」を出版いたしました

お客様には大変お待たせ致しました。
本日、10月5日(金)に、
オーストリアワイン、江戸前鮓と会席料理 銀座壮石
を出版いたします。

当店、銀座壮石の四季折々の江戸前鮓、会席料理に対して、
オーストリアワインのマリアージュをご紹介する内容となっており、
オーストリアワインマーケティング協会のご協力を頂いて出版いたします。
お陰様で当店のワイン会も7年に渡り続けさせて頂き、
その内容をさらに補記してまとめさせて頂きました。

エレガントで料理の味わいを引き立てるオーストリアワインを、
和食の中でも江戸前鮓、会席料理に対して一点ずつ相性を披露し、
ワイン好きの方、また、プロの方にも幅広くオーストリアワイン
の魅力を知って頂きたいと考えて制作させて頂きました。

海外の方にもその魅力をお伝えしたいと考え、
日本語と英語の併記で作らせて頂きました。

タイトル: オーストリアワイン、江戸前鮓と会席料理 銀座壮石
著者: 岡田 壮右
発刊日: 2018年10月5日
価格: 3,000円(税込)
出版社: 集英社インターナショナル


wine book_001


当面は、当店及びAmazonにてお買い求め頂けるようにさせて頂きます。

10月27日のランチワイン会でもこの本の内容に触れさせて頂きます。

また、出版を記念いたしまして、本の内容を実際に体験頂ける
マリアージュイベントを企画中ですので、決まりましたらまた、
当店のメルマガ、ブログ、SNS等でご案内させて頂きます。


ご興味お持ちの方はぜひお求めいただければありがたく存じます。


鮓&ワインおーじ

テーマ : 今日の出来事 - ジャンル : ニュース

先月の土曜ワイン会の様子(9/15)

先月の土曜のランチワイン会は、
オーストリアワインと江戸前鮓のマリアージュ
と題して行わせて頂きました。

今週金曜日(10/5)に発刊いたします、拙著「オーストリアワイン、江戸前鮓と会席料理」
をベースに、秋のネタを使って、江戸前鮓とオーストリアワインのマリアージュを検証しました。
秋になり魚介類うま味が増し、魚は脂ものってきます。そのような季節に合うワインを
皆さんで飲み比べさせていただきました。

181005blog wine0915

写真左から、
1. Reiterer Schilcher Frizzante 2015
2. Thomas Hareter Chardonnay Ried Kranawitzl 2016
3. Wieninger Gemischter Satz Rosengartl Alte Reben 2014
4. Jurtschitsch Amour Fou 2015
5. Schloss Gobelsburg Riesling Tradition 2014
6. Leth Roter Veltliner Ried Scheiben 2016
7. Groszer Wein Blaufrankisch 2014
8. Heinrich Blaufrankisch 2015

当日は、

・平目の昆布〆/甘海老の昆布〆
・煮蛤/帆立貝のづけ
・こはだ/しめ鯖
・のど黒/雲丹
・戻り鰹/大トロの炙り

の10種類の江戸前鮓をお出ししました。

各2種を1フライトとしてそれぞれに上記のワインを合せてお出ししました。

私の拙著でもご紹介させて頂いた内容も含め、
それぞれのマリアージュを楽しんで頂きました。

一部をご紹介すると、江戸前の仕事の一つでもある昆布〆を施して
うま味を増した平目と甘海老にうま味のある4を、
そして、ねっとりとうま味と甘みのある雲丹には、質感も近く、
味わいも近い単一畑のローター・ヴェルトリーナー(6)などを
合せました。


さらにこの日はスペシャルゲストとしてオーストリアより、
Premium estate of AustriaのStefanie Lobnerさんが飛び入りで
ご参加下さいました。

181005blog wine0915-SL
写真右から、Stefanie Lobnerさん、オーストリア大使館商務部松本さん

LobnerさんはPremium estate of Austriaのワインである、
3,8のワインをご説明くださいました。もちろんワインについて
詳しく説明してくださったうえに、オーストリアワインは
飲んでる皆さんで楽しく、美味しく飲むことが一番大切と
のコメントを頂き、オーストリアでのワインの楽しみ方を
皆様にお伝えくださいました。

多忙な来日スケジュールの中、ご来店下さった
Stefanie Lobnerさんにこの場を借りてお礼申し上げます。


今月は私、岡田が下記の会を行いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

◆ 10月27日(土)
 *)日程を20日より変更させて頂きました。

第84回 「深まる秋、オーストリアの赤の飲み比べとフードペアリング」

 秋は食欲の秋、食材も滋味が溢れ、うま味も乗ってきます。
オーストリアは近年、赤ワインの生産量も増え注目されています。
岡田がVieVinum等で現地より持ち帰ったものも含めて、品種や産地
の異なる赤を飲み比べ、さらに、料理、鮓のフードペアリングで
その魅力を探りましょう。

定員 14名(ご予約状況により増席させていただくこともございます)
日時 12:00~14:00
会費 7,000円(税込)
内容 グラスワイン(4-5種程度)、前菜、握り鮓、茶碗蒸し、椀物


鮓&ワインおーじ

テーマ : ワイン - ジャンル : グルメ